tk2tk、3rdシングル「チューインガム」MV公開

tk2tk、3rdシングル「チューインガム」MV公開

  • E-TALENTBANK
  • 更新日:2021/06/11

下北沢を中心に活動している二人組バンドtk2tk(タカツタカ)は、2021年6月9日に「チューインガム」をデジタルリリース、MVをYouTubeにて公開した。

No image

「チューインガム」はtk2tkにとって3枚目のシングルで、約10ヶ月振りのリリース。

今作はtk2tkにとって初の海外アーティストによるホーンセクションが参加。これまでにもtk2tkは、海外のアーティスト・エンジニアと一音一音のクオリティに拘った楽曲制作を行ってきたが、今回のホーンセクションの参加によって、ポップでグルーヴ感溢れるダンスナンバーに更にダイナミックさを増したサウンドとなった。

恋をするとどうしても相手に執着してしまう。届かない想いを感じながらも背中に縋りつきたい時もある。ソングライティングを担当しているVo.平田は、そんな誰もが経験してしまいそうな恋愛のワンシーンを、味がなくなったら捨てられるガムからイメージを膨らませて歌詞を制作。捨てられないように都合のいい女を演じる女性が自らをガムに例える、ディープな恋愛ソングが完成した。

今作のMVはそんなディープな恋愛シーンをコミカルなダンスで表現。ダンサーの息のあったシンクロダンスやtk2tkメンバーが普段は見せることのないパジャマ姿で登場するシーンなど、ファンにとって見どころの多い作品となった。また今作のMVではVo.平田が自身初のMV監督に挑戦しており、周囲に助けられてなんとか完成に漕ぎ着けたMVの制作時の苦心を吐露しながらも、細部にまで拘り、隅から隅まで楽しめる作品に仕上がっている。

【Vo.平田勝久 コメント】

サブスクが主流になりつつある昨今の音楽シーンで、僕らアーティストの曲というのは色とりどりのガムみたいに選り取り見取り並べられている。そこから各々好き勝手に聴いて、飽きたら次、また飽きたら次という具合にそれこそガムのように軽いノリで。たまに歯に絡みついて取れないガムは、まるで僕みたいな意思をもってるのかもしれないな。なんて下らない妄想は包み紙の中に隠して。

今回の曲は相方である遠藤のギターを存分に活かせる楽曲を作りたいと思って制作を始め、気づけばめちゃくちゃノリの良いダンスナンバーに仕上がりました。

今回はMVの監督もやらせてもらって、好き勝手あーだこうだ言いながら沢山の人に迷惑をかけ倒しながら完成まで漕ぎつけました。(感謝です)苦労も疲労も盛り沢山でしたけど、とことん拘り抜いて作ったので、自分にとって大切な作品になりました。みんなもそう思ってくれると嬉しいな。

僕らの3rd single「チューインガム」くちゃくちゃと音を立てながら誰かへの想いを膨らませながらご賞味あれ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加