月面を歩いた2番目の宇宙飛行士、バズ・オルドリンが93歳の誕生日に結婚。

月面を歩いた2番目の宇宙飛行士、バズ・オルドリンが93歳の誕生日に結婚。

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2023/01/25

伝説の宇宙飛行士はTwitterで「私たちは駆け落ちした10代のカップルのように興奮しています」と綴った。誕生日である1月20日(金)に、30歳年下のパートナーと結婚したのだ。

No image

アポロ11号ミッションの50周年を記念した記念式典に出席したアンカ・ファウルとバズ・オルドリン。(カナダ、2019年7月23日)photography: Getty Images

重大発表に年齢制限はない。実際、伝説の宇宙飛行士バズ・オルドリン(93歳)は、1月20日(金)に長年のパートナーである30歳年下のアンカ・ファウルと結婚したことを発表し、驚きを与えた。誕生日にあわせての発表だった。

アポロ11号で月面を歩いた2番目の元宇宙飛行士は、Twitterで「駆け落ちした10代のカップルのように興奮しています。長年の恋人であるアンカ・ファウルと結婚したことをお知らせします」と結婚当日に撮影された2枚の写真を添え、メッセージを綴った。ふたりはロサンゼルスで身内だけを招いた式を挙げ、誓いの言葉を交わした。

On my 93rd birthday & the day I will also be honored by Living Legends of Aviation I am pleased to announce that my longtime love Dr. Anca Faur & I have tied the knot.We were joined in holy matrimony in a small private ceremony in Los Angeles & are as excited as eloping teenagers pic.twitter.com/VwMP4W30Tn
— Dr. Buzz Aldrin (@TheRealBuzz)
January 21, 2023
from Twitter

「私の93歳の誕生日と航空界から生きる伝説として表彰されたこの日に、私が長年愛するアンカ・ファウル博士と結婚したことを発表できることをうれしく思います。私たちは、ロサンゼルスの小さなプライベート式場で神聖な夫婦となり、駆け落ちした10代のカップルのように興奮しています」。

アンカ・ファウル(63)は、2019年からバズ・オルドリン・ベンチャーズの取締役副社長に就任している。Linkedinのプロフィールには、化学工学の博士号を取得していることも記されている。それ以前は、水素・燃料電池のロビー団体であるカリフォルニア水素ビジネス協議会の会計担当を務めていた。

3度の結婚

バズ・オルドリンは、アポロ11号で月に降り立った2番目の人類である。1969年7月20日、最初にロケットから降りたのは、2012年に亡くなった相棒のニール・アームストロングだった。3番目の乗組員だったマイケル・コリンズは、2021年4月に死去した。バズ・オルドリンはアポロ11号の最後の生存者である。

また、現在の妻と出会うまでに3度の結婚を経験している。24歳の時に結婚したジョーン・アーチャーとの間には、ジェームズ、ジャニス、アンドリューという3人の子供がいる。

text: Léa Mabilon (madame.lefigaro.fr) translation: Hanae Yamaguchi

フィガロジャポン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加