ブラックな特別仕様車も!フリード、フリード プラスが一部改良を実施

ブラックな特別仕様車も!フリード、フリード プラスが一部改良を実施

  • ドライバーWeb
  • 更新日:2022/06/23
No image

ホンダは6月23日、コンパクトミニバン「FREED(フリード)」、「FREED+(フリード プラス)」の一部改良を実施し、6月24日より発売すると発表した。なお、Modulo X(モデューロX)は7月14日に発売する。また、今回の改良に併せて特別仕様車「BLACK STYLE(ブラックスタイル)」も設定し、同時に発売する。

【画像】内外装を黒で締める!特別仕様車ブラックスタイルほか

今回の一部改良では、運転席・助手席シートヒーターやコンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードなどを標準装備化。さらにシート表皮には撥水撥油加工が施された「FABTECT(ファブテクト)」を新たに採用し、標準装備としている。ボディカラーには、フリードとして新色となるプレミアムクリスタルブルー・メタリック、フィヨルドミスト・パール、トワイライトミストブラック・パールを追加した。

特別仕様車ブラックスタイルは、内外装ともにブラックをアクセントにすることで洗練されたスタイルを目指した。外観では、クロスオーバースタイルのCROSSTAR(クロスター)で好評のフロントグリルを採用するとともに、15インチのアルミホイールやアウタードアハンドル、ドアミラーなどをブラックで統一。インパネ各部もブラック化するとともに、シートの色にもブラックを採用してより引き締まった印象としている。

特別仕様車ブラックスタイルのおもな装備内容は、下記7点。

・フロントグリルガーニッシュ(ダーククロームメッキ)&フロントグリル(マットグレー)

・リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)

・ブラックファブリックシート&ブラックインテリア

・ドアミラー(クリスタルブラック・パール)

・アウタードアハンドル(クリスタルブラック・パール)

・15インチアルミホイール(ブラック)

・LEDハイマウント・ストップランプ(クリアタイプ)

フリードの価格は257万2900〜306万7900円、モデューロXは295万200〜327万8000円。特別仕様車ブラックスタイルは241万3400〜286万4400円。

フリード プラスの価格は236万9400〜282万400円、特別仕様車ブラックスタイルは243万5400〜288万6400円。

〈文=ドライバーWeb編集部〉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加