19年最優秀ダートホース・クリソベリル引退 種牡馬へ

19年最優秀ダートホース・クリソベリル引退 種牡馬へ

  • テレビ東京スポーツ
  • 更新日:2021/10/14
No image

2019 チャンピオンズカップ (GI) クリソベリル 無敗でG1優勝 写真:山根英一/アフロ

デビューから6連勝でレース史上初の無敗で2019年チャンピオンズカップ(GI)を制し19年最優秀ダートホースをなったクリソベリル(牡5歳 栗東・音無秀孝厩舎)が、10月13日(水)付けで競走馬登録を抹消しましたことをJRAが発表した。

なお、同馬は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

クリソベリル
馬主:有限会社キャロットファーム
調教師:音無秀孝(栗東)
生年月日:2016年2月10日
血統:父ゴールドアリュール・母クリソプレーズ
成績:
JRA通算成績 4戦3勝
JRA獲得賞金 132,602,000円(付加賞含む)
地方通算成績 6戦5勝
地方獲得賞金 247,000,000円
海外通算成績 1戦0勝
海外獲得賞金 54,280,400円
重賞勝鞍
2019年 チャンピオンズカップ(GI)
2019年 兵庫チャンピオンシップ(園田・JpnII)
2019年 ジャパンダートダービー(大井・JpnI)
2019年 日本テレビ盃(船橋・JpnII)
2020年 帝王賞(大井・JpnI)
2020年 JBCクラシック(大井・JpnI)

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加