レクサス初のEV、『UX300e』をペーパークラフトで...やっぱりゼロエミッション

レクサス初のEV、『UX300e』をペーパークラフトで...やっぱりゼロエミッション

  • レスポンス
  • 更新日:2021/02/23
No image

レクサス UX 300e のペーパークラフト

もっと画像を見る
レクサスの英国部門は2月19日、ブランド初の市販EVの『UX300e』(Lexus UX 300e)のペーパークラフトを発表した。

UX300eは、レクサス最小のSUVの『UX』をベースに、EVパワートレインを搭載したモデルだ。UX 300eでは、「GA-C」プラットフォームのフロントに、最大出力204ps、最大トルク30.6kgmを発生するモーターを搭載する。パワフルなモーターにより、0~100km/h加速は7.5秒の性能を発揮する。最高速は160km/hに抑えられる。

大容量のリチウムイオンバッテリーは、床下に搭載される。蓄電容量は54.3kWhとした。ハイブリッド車で培ったモーター、インバーター、ギア、バッテリーといった主要装備の効率を最大化し、システム全体としての性能向上を図ったという。1回の充電での航続は、欧州仕様の場合、最大で315km(WLTP計測)を確保している。

レクサスの英国部門は、このUX300eのペーパークラフトを発表した。公式サイトでダウンロードでき、カラープリンター、紙のりまたは両面テープ、はさみを使って組み立てる。

レクサスは、ペーパークラフトを完成させるのに約1時間が必要で、ペーパークラフトは実車のUX 300e同様、ゼロエミッション、としている。

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加