<アジア大会>変更された女子サッカー対戦表...「8強韓日戦」シナリオ消えたか

<アジア大会>変更された女子サッカー対戦表...「8強韓日戦」シナリオ消えたか

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2023/09/19
No image

[大韓サッカー協会提供]

杭州アジア競技大会の開幕直前に女子サッカーの8強対戦の一部が事前公示なく変更されたことで、当初8強で予想されていた韓日戦が先に延びる可能性が高かった。

大会ホームページに18日に公示されたアジア競技大会女子サッカー8強対戦表によると、韓国が属するE組1位はD組2位またはC組1位と対戦する。D組1位はC組1位またはE組2位と4強進出をかけて対戦する。

アジア競技大会の女子サッカーはグループリーグ5組で進行され、A・B・C組には3チームが、D・E組には4チームが属する。グループリーグの各組1位5カ国と各組2位のうち成績上位3カ国が8強トーナメントに進出する。

ところが当初の対戦表ではD組1位とE組1位が8強で対戦することになっていた。E組に属する韓国の場合、D組1位が有力視される日本と8強で激突する可能性が高い状況だった。

しかし大会開幕を控えて方式が変更され、8強での韓日戦の可能性は大幅に低下した。新しい対戦表では韓国と日本がそれぞれE組1位とD組1位となる場合、決勝まで会わない。

大韓サッカー協会は突然の変更について「アジア競技大会組織委員会から通知を受けていない」と明らかにした。8日に組織委員会からアジア競技大会の全種目日程を整理したファイルを受けた時にも、サッカー対戦表の変更についての言及はなかったというのが協会側の主張だ。同日に受けたガイドラインに日程変更に関する案内なく変更された対戦表が提示されていたという。

対戦表の変更は韓国と日本の双方に朗報となる見込みだ。直接対決に対する負担が大きいうえ、両国ともにアジア圏で優勝を狙えるほどの戦力を備えているからだ。

女子サッカー韓国代表のコリン・ベル監督は5日、坡州(パジュ)での招集練習中に記者らに対し「グループリーグで1位になれば(別の組1位の)日本と対戦するというシステムは理解できない」とし「なぜ1位チーム同士が対戦するのか。どうなるのか見てみよう」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加