「最新扇風機」販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種

「最新扇風機」販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2022/08/06

―[家電屋さんのトリセツ]―

皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に、十数年間務めている店員のスズキです。黒物から白物まで、ジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が、日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。

◆「最新扇風機」の正しい選び方は?

No image

※写真はイメージです(以下同)

前回取り上げた「寝室用エアコン」に続いて、今回も猛暑を乗り切るうえで役に立つ家電をセレクトしました。テーマは’22年に登場した「最新扇風機」です。

ACモーター搭載機よりも消費電力が少なく、運転音が静かで、細かい風量調整が可能なDCモーター搭載 の最新扇風機の中から、「販売員が本当に買っている3機種と絶対に買わない1機種」をそれぞれ紹介したいと思います。

◆すぐにでも涼をとりたい人には最適

今年はすでに35℃を超える日が続いており、慌ててエアコンや扇風機、サーキュレーターなどをお買い求めされるお客さまも少なくありません。

ただ、エアコンの場合、どうしても配送や設置まで時間を要してしまいがちです。購入したその日から使用できる扇風機を今すぐほしいと考えている人も少なくないかと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

◆▼YAMAZEN「YLX-SD30」

No image

DCモーター搭載機は高価になりがちなのがネックですが、1位に選んだYAMAZENの「YLX-SD30」は財布に優しい価格設定が魅力。

’22年5月発売の最新モデルながら、実勢価格は6300円程度と格安なのです。

◆静音モードもあり、寝室での利用も可能

YLX-SD30は、羽根径30cmの7枚羽根を搭載したリビング扇風機。

低価格なので性能はいたってシンプルですが、風量を9段階調整できるうえ、静音モードが用意されており、リビングだけではなく寝室でも利用できます。

◆▼KOIZUMI「KLF-3023」

No image

YLX-SD30よりも予算を抑えたい方は、2位のKOIZUMI「KLF-3023」を検討してみてはいかがでしょうか。

’22年5月に登場した製品で、実勢価格は5500円程度と、さらにお求めやすくなっています。

◆立ったまま操作できると意外に便利

KLF-3023も羽根径30cmの7枚羽根を搭載しており、8段階の風量調整が可能です。

価格が安い分、性能はYLX-SD30に一歩譲りますが、操作ボタンが羽根後ろ首の部分にあり、立ったまま操作がしやすいなどの特徴を持っています。

◆▼シャープ「PJ-P3DS」

No image

価格よりも性能重視という方は、3位にセレクトしたシャープの「PJ-P3DS」がオススメです。

’22年4月に発売されたプラズマクラスター扇風機で、実勢価格は2万円と高価ですが、そのぶん性能は折り紙付き。

◆「プラズマクラスター」により除菌消臭

PJ-P3DSの最大の特徴は、羽根径32cmの7枚羽根に「ネイチャーウイング」を採用している点。「アサギマダラ蝶」の羽根のくびれと羽ばたくときのうねりを応用し、ムラの少ないなめらかな風を届けてくれます。

さらに、「プラズマクラスター」が室内の浮遊カビ菌を除菌し、衣類のイヤなニオイを消臭してくれるほか、上向き約50°と高さ110cmのハイポジション設定で、室内の空気を循環させるサーキュレーターとしても運用可能。風量を32段階切り替えられるのもポイントです。

◆販売員がオススメしない最新扇風機

No image

一方で、あまりオススメできないのが、シロカの「SF-V171」になります。’22年4月に登場したモデルで実勢価格は1万5000円程度と、こちらも高価な製品です。

高価な理由は、声で操作できる「音声認識扇風機」だから。「ポチ」または「タマ」が音声で返答し、指示ワードに応じて動作を行ってくれるので、手が離せないときやリモコンが近くにないときは便利なのですが、指示ワードを覚えるのが面倒といった声も……。

◆音声認識に魅力を感じないなら…

羽根径30cmの5枚羽根が生み出す風は、8段階の風量調節が行えるうえ、手動で上下にも首振りできるので、サーキュレーターとしても利用できます。決して性能が悪いわけではありませんが、音声認識に魅力を感じないならほかの製品を購入したほうがいいでしょう。

いずれにせよ、扇風機を新調する際は、サイズや重さを確認できる家電量販店で購入するのが安心です。エアコンと扇風機を賢く併用して、猛暑を乗り越えましょう。

◆〈最新扇風機のBEST3〉

▼1位 YAMAZEN「YLX-SD30」 実勢価格:約6300円

財布に優しいDCモーター搭載のリビング扇風機。風量を9段階調整できるうえ、静音モードが用意されており、リビングだけではなく寝室でも利用できます

▼2位 KOIZUMI「KLF-3023」 実勢価格:約5500円

シンプルな機能の低価格扇風機。価格が安いぶん、性能はYLX-SD30に一歩譲りますが、操作ボタンが羽根後ろ首の部分にあり、立ったまま操作がしやすくなっています

▼3位 シャープ「PJ-P3DS」 実勢価格:約2万円

高性能なプラズマクラスター扇風機。羽根径32cmの7枚羽根に「ネイチャーウイング」を採用しており、ムラの少ないなめらかな風を届けてくれます。「プラズマクラスター」が室内の浮遊カビ菌を除菌し、衣類のイヤなニオイを消臭してくれるのもポイントです

◆〈最新扇風機WORST〉

▼1位 シロカ「SF-V171」 実勢価格:約1万5000円

声で操作できる音声認識扇風機。手が離せないときやリモコンが近くにないときは便利なのですが、指示ワードを覚えるのが面倒といった声が。音声認識に魅力を感じないならほかの製品を購入したほうがいいと思います

―[家電屋さんのトリセツ]―

【家電量販店のスズキ】

関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加