創部3年目の盛岡が無欲の準Vで初の東日本切符! 本大会でも「優勝目指す」 角田商事杯東北支部新人戦

創部3年目の盛岡が無欲の準Vで初の東日本切符! 本大会でも「優勝目指す」 角田商事杯東北支部新人戦

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/09/23
No image

◆ゼット杯第34回東日本選抜大会予選角田商事杯東北支部新人戦◇中学生の部▽準決勝 盛岡ボーイズ(岩手)3―1山形ボーイズ(山形)▽決勝 宮城仙南ボーイズ8―1盛岡ボーイズ=5回コールド=(18日、山形・高畠町野球場)

秋の東日本王者を決める連盟主催大会の予選を兼ねた新人戦が東北支部で開催され宮城仙南(宮城)、白河(福島)、盛岡(岩手)、山形(山形)が準決勝進出で出場権を獲得した。

創部3年目・盛岡ボーイズの部員は1、2年生20人。「楽しく伸び伸びやらせる」方針が実って準決勝でも山形ボーイズを破り、初の支部大会決勝進出を果たした。

先発・鈴木はバックの好守にも助けられ、5回2死まで3安打1失点の粘投。打線は3回1死二、三塁、身長163センチの1年生・法領田が「先輩がつくったチャンス。内寄りのストレートを強く打てました」と右中間に先制打。4回は5番・谷藤の押し出し死球、5回は敵失で加点し、2番手・島崎が体重の乗った直球で押して詰まらせ、リードを守った。

決勝は体格差もあり強豪・宮城仙南に完敗したが、選手たちは全力を尽くして満足そう。捕手の小野主将は「この大会では試合前から選手全員、声がしっかり出ていて『勝つぞ』という気持ちが今までと違った。東日本大会といってもよく分からない。目標は優勝です」。無欲の快進撃は本大会でも続きそうだ。

◇盛岡ボーイズメンバー ▽2年生 小野壮汰 柏崎優 小笠原悠人 谷藤璃空 鈴木蒼介 島崎裕大 小山健心 岩崎喬平 岸里利飛 ▽1年生 熊本遥斗 田村虹杜 法領田梓馬 三浦鷹斗 福地優輝 三浦琉空 西田歩夢 林咲斗 佐藤小萩 一井健乃輔 山井颯真

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加