知人女性に暴行疑い、市民病院医師を逮捕 携帯に「殺す」とメッセージも

知人女性に暴行疑い、市民病院医師を逮捕 携帯に「殺す」とメッセージも

  • 京都新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

京都府警舞鶴署

京都府警舞鶴署は14日、知人の女性看護師への暴行と傷害、脅迫の疑いで、京都府の福知山市民病院麻酔科の男性医師(34)=福知山市=を逮捕した。

逮捕容疑は7月3日、男性医師宅で京都府内在住の女性を引き倒して両膝を複数回足蹴りし、28日には舞鶴市内に停車中の車内で顔面を肘打ちするなどしてけがを負わせた。8月5日には女性の携帯電話に「殺す」と記載したメッセージを送った疑い。

同署によると、男性医師は「蹴ったことは間違いないが、暴れるのを止めるという正当な理由がある。そのほかは事実と違う」と否認しているという。

同病院によると、男性医師は4月1日に採用された。阪上順一病院長は「事実であるならば、病院への信頼を大きく裏切るものであり、心から深くおわび申し上げます」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加