高山3位 復活賞金シードにあと1打届かず、最終18番に泣く

高山3位 復活賞金シードにあと1打届かず、最終18番に泣く

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

◇男子ゴルフツアー中日クラウンズ最終日(2021年5月2日 愛知県 名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70)

No image

2番、ティーショットを放つ高山(撮影・井垣 忠夫)

首位スタートの高山は69と思うようにスコアを伸ばせず、3位に終わった。

今季は18年に発症した右目の公傷による特別保障制度で試合に出場。今大会で単独2位なら復活での賞金シードが確定したが、最終18番で4メートルのバーディーパットを外し、目標ラインには1打、賞金にして約83万円届かなかった。

「でもこの年でここまでできたのは」と大きな手応えを得た。同制度の適用は残り2試合。強い気持ちで上位を目指す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加