「トリニータで引退したいと思っていました」大分、J1からJ3、J3からJ1を経験した松本怜と契約満了...九州LのジェイリースFCへ移籍もクラブ初のCROに就任

「トリニータで引退したいと思っていました」大分、J1からJ3、J3からJ1を経験した松本怜と契約満了...九州LのジェイリースFCへ移籍もクラブ初のCROに就任

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/11/25
No image

大分トリニータは25日、MF松本怜(34)との契約満了を発表した。

【動画】全てがワールドクラス!思わず唸るボレーシュートBest3

松本は早稲田大学から2010年に横浜F・マリノスへと入団。幼い頃から憧れていたクラブでプロキャリアをスタートするも、なかなか出番をもらえずに燻ることに。2013年に大分へ期限付き移籍すると、右ウイングバックでプレー。2014年も期限付き移籍で在籍すると、2015年に完全移籍で加入した。

チームのJ2降格、J3降格も経験した一方で、J2昇格、J1昇格も経験。大分で、J1からJ3、J3からJ1を経験している貴重な存在としてプレーを続けた。

しかし、ここ数年は出番が減少し、今シーズンはJ2で11試合、YBCルヴァンカップで3試合、天皇杯で1試合の出場に終わり、契約満了となった。

松本は引退も検討したという中、同じ大分にある九州リーグのジェイリースFCへと移籍して現役を続けることとなる。

松本は両クラブを通じてコメントしている。

◆大分トリニータ

「ファンサポーターの皆さん、まずはJ1復帰することができなくて本当に申し訳ありませんでした。そして、その任務を果たせないままチームを去ることになってしまい残念であり、悔しく、正直現実を受けいれることができない自分がいます」

「僕はトリニータが大好きで、トリニータで引退したいと思っていました。チームから満了を告げられしばらく考えましたが、今の自分に今年引退する選択はできず、まだサッカーを楽しみたい気持ちです。家族にまだまだカッコイイ姿を見せたいです」

「トリニータの選手ではなくなってしまいますが、変わらずトリニータのことは大好きです。大分県が大好きです。今後もトリニータを、大分県をまだまだ盛り上げたい気持ちは揺るぎません!!ですので、どの道に行っても変わらずレイチェルを応援してください!!最高に刺激的で最幸な10年間をありがとうございました!」

◆ジェイリースFC

「大分トリニータより加入しました松本怜と申します。愛する大分で現役を続けられる機会をくれたジェイリースFCには本当に感謝しかありません」

「目指すは一つJFL昇格。新しい仲間達と共に新しい挑戦できることが楽しみです!ジェイリースFCを盛り上げ、大分県も盛り上げていきたいので応援の程よろしくお願いします!」

なお、大分ではクラブ・リレーションズ・オフィサーとしてビジネス面でクラブをサポートする役職に就任することとなった。松本は意気込みを口にしている。

「この度大分トリニータのC.R.O.(クラブ・リレーションズ・オフィサー)に就任いたしました松本怜です。まずはC.R.O.というクラブ初のポジションを用意してくれたことに感謝していると共に責任の重さを感じております」

「選手とは違ったまた新しい世界に飛び込みますが、大分トリニータの為、大分県の為に全力を尽くすことに変わりありません」

「未熟な部分もあるとは思いますが、トリニータファミリーの発展・拡大に尽力してまいりたいと思います。Newレイチェルもよろしくお願いいたします」

サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加