台風14号は温帯低気圧へ 17日に県内最接近の見込み 大雨・強風など大荒れの恐れ【愛媛】

  • EBCニュース
  • 更新日:2021/09/15

台風14号は温帯低気圧に変わったあと、17日から18日にかけて愛媛県内に最も接近する見込みです。

この影響で愛媛県内は大雨や強風など天気が荒れる恐れがあります。

台風14号は15日午後3時現在、中心気圧が992ヘクトパスカルで暴風域はなく、東シナ海でほとんど停滞しています。

台風は今後、進路を東に変えて、17日には温帯低気圧に変わる見込みです。

この温帯低気圧は17日夜から18日朝にかけて愛媛県内に最も近付くと見られます。

15日の県内は朝方を中心に雨となりましたが、次第にあがり、松山市では午後から青空が見られました。

気象台によりますと台風から変わる温帯低気圧はほぼ同じ勢力を保つと見られるため、愛媛県内に最も近付く17日は強風や大雨など大荒れの天気となる恐れがあります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加