体制継続の2023年。ライバル“激増”時代に向け「さらに改善を進めていく必要がある」と小林可夢偉TGRチーム代表

体制継続の2023年。ライバル“激増”時代に向け「さらに改善を進めていく必要がある」と小林可夢偉TGRチーム代表

  • AUTOSPORT web
  • 更新日:2022/11/25
No image

11月25日、トヨタGAZOO Racingは2023年のWEC世界耐久選手権参戦体制を明らかにした。2台のトヨタGR010ハイブリッドを擁し、2022年シーズンにダブルタイトルを獲得したトヨタは、2023年はより困難な戦いへと挑むことになる。フェラーリ、ポルシェ、キャデラックといった新たなライバルたちが、最高峰ハイパーカークラスに参戦を開始して来るからだ。

体制発表に際し、2022年に引き続き7号車のドライバーとチーム代表を兼任する小林可夢偉、そして5人のドライバーは、激戦が予想される2023シーズンに向け、次のとおりコメントを発表している。

●小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー)
「今年はトヨタ、そしてパートナーの皆様からの多大なご支援のおかげで、ル・マン、富士、そして、選手権で優勝するというすべての目標を達成することができました」

「しかし、2023年はさらに競争が激しくなるため、チームとクルマをより強くするためにはさらに改善を進めていく必要があります。ドライバーはチームの大事な一部であり、2023年に再びマイク、ホセ、セブ、ブレンドン、亮と一緒にドライブできることをうれしく思います」

「チーム全体、とりわけドライバーたちは強いチームスピリットを持っており、全員が一つの家族のようになってレースに臨みたいと思います。これは我々チームにとって大きな強みであり、来シーズンのハイパーカーによる熾烈な競争に向けて最大限の強さを備えるべく、お互いを信頼し、サポートし合う必要があります」

「2023年シーズンは、過去ル・マンで優勝してきた多くのメーカーとのレースを楽しみにしています。100周年を迎えるル・マンで優勝することは誰にとっても大きな目標ですので、無論簡単ではありませんし、レースは今季に増して激しいものになるでしょう。新たなハイパーカーメーカーとしのぎを削るこの戦いの場は、私たち全員がモータースポーツに求めてきたものであり、ファンの皆様にとっても本当にエキサイティングなものになると信じています」

●マイク・コンウェイ(7号車)
「来シーズン、WECでの挑戦はエキサイティングなものになるだろうし、この耐久レース新時代の幕開けにTOYOTA GAZOO Racingの一員として参加できることを本当に嬉しく思っている」

「多くのメーカーが参戦してくるため、簡単なことではないが、100周年を迎えるル・マンで優勝するチャンスがあることは大きなモチベーションとなる。勝利を目指すハイパーカーたちがグリッドを埋める光景を見るのは特別だし、その一員となることを楽しみにしている」

●ホセ・マリア・ロペス(7号車)
「マイク、可夢偉と一緒に、さらなる1年に参加できることをとてもうれしく思う」

「我々はとても親密な関係にあり、ここ数シーズンで兄弟のような関係になった。チーム全体に素晴らしいスピリットがあり、ハイパーカークラスがかつてないほどの競争となる来シーズンの戦いに挑むには、そのスピリットが必要だ」

「チーム、ドライバー、ファンの皆様全員がワクワクし、心躍ることになるだろう。チームは全力で準備を進めており、来シーズンが待ちきれない」

■平川亮「目標はタイトルを死守すること」

●セバスチャン・ブエミ(8号車)
「100周年記念のル・マンを迎える素晴らしいWECシーズンに参加する機会を与えてくれたチームとトヨタに感謝している」

「来シーズンで僕のWECチーム参加が11年目になることは、信じがたいことだ。我々は一緒に多くのことを経験し、まるで家族のようだ。来シーズンの戦いに備え、今までのすべての経験と、長年にわたって学び、蓄積してきたことすべてを投じていく必要がある」

「我々の目標が世界チャンピオンのタイトルを守ること、そしてル・マンで再び優勝することであるのは明らかだ」

●ブレンドン・ハートレー(8号車)
「2023年は耐久レースにとって信じられないような素晴らしいシーズンとなるし、我々の仕事も益々困難なものになっていく」

「ハイパーカーメーカー間の戦いは熾烈なものになり、我々は速くて信頼できるクルマで十二分に準備する必要がある。ミスを犯せる余地はない」

「この画期的なシーズンに参加できることは本当に光栄だ。素晴らしい結果を残せた2022年シーズンだけでなく、ドライバーとして来年の戦いに参加する機会を与えてくれたトヨタとチームの全員に感謝している」

●平川亮(8号車)
「2022年はWEC初シーズンで多くのことを学んだので、来年はより強くなって戻ってきます。そして、さらなる大きな挑戦に向けて準備を整えていきます」

「ル・マン勝者、また世界チャンピオンとして来シーズンを迎えることに変わりはありませんが、もちろん目標はそれらのタイトルを死守することです」

「この機会を与えていただき、また2023年の特別なシーズンに参加できるようサポートしてくれたチーム、トヨタ、そして、すべてのパートナーの皆様に感謝いたします。2022年最終戦バーレーンで勝利を祝った今、チームはすでに来シーズンに向けた準備と改善に目を向け、集中しています」

No image

2022年WEC第6戦バーレーンで2位に入り、2022年のドライバーズタイトルを獲得した(左から)平川亮、ブレンドン・ハートレー、セバスチャン・ブエミ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加