バイク用Bluetoothインカム「B+COM」、おひとり様専用のカジュアルモデル登場

バイク用Bluetoothインカム「B+COM」、おひとり様専用のカジュアルモデル登場

  • レスポンス
  • 更新日:2022/06/26
No image

B+COM PLAY

もっと画像を見る

サインハウスは、バイク用Bluetoothインカム「B+COM」シリーズの新製品「B+COM PLAY」を7月23日より発売する。

【ホンダ ホーク11】ホークの名を受け継いだ、ネオクラ・カフェレーサー[詳細写真]

B+COMは、2008年に誕生した日本初の二輪用インカムブランド。現在、ハイエンドモデル「SB6X」、プレミアムスタンダードモデル「ONE」を発売している。今回、インカム通話機能非搭載で手軽に使えるカジュアルモデル「B+COM PLAY」をラインアップに追加する。

B+COM PLAYは、スピーカーをヘルメット内部に、コンパクトな本体ユニットをヘルメット側面に取り付けるだけ。スマートフォンをはじめとするBluetoothデバイスと接続し、ワイヤレスで音楽やナビ音声を聴くことができる。デバイス2台の同時接続に対応。音楽やナビ、レーダーなど、デバイスを使い分けて使用できる。

音量調節や曲送り・曲戻し、一時停止は本体ユニットのボタンを押すだけ。ヘルメットを被ったまま、かんたんに操作できる。また、付属のワイヤーマイクを取付ければスマートフォンのハンズフリー通話着信に対応。SiriやGoogleアシスタントの音声認識機能をボタン操作で起動させ、走行中にスマートフォンの操作を音声で指示することもできる。

本体ユニットのカラーバリエーションは、ブラック、ホワイト、ガンメタリック、マットゴールド、マットメタリックブルーの5色を設定、ヘルメットに合わせたカラーを選ぶことができる。

連続使用時間は音楽再生で最大12時間、充電時間は約2時間、防水防塵性能はIP67相当。価格は1万2980円。

「航続距離104km」は実用的な数字か? 原付2種のEVスクーター『E01』で市街地を走ってわかった事実

【ホンダ ホーク11 試乗】「上がりのバイク」とは言わせない...丸山浩

SHOEIグラムスター、招き猫グラフィックの限定コラボモデル登場

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加