共和薬品工業とFRONTEO、認知症診断支援AIシステム開発・販売で提携

共和薬品工業とFRONTEO、認知症診断支援AIシステム開発・販売で提携

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/06/03

共和薬品工業とFRONTEOは6月3日、認知症診断支援AIシステムに関する事業提携契約を締結したことを発表した。共和薬品工業とFRONTEO、AI活用の認知症診断支援システムで提携

同システムは、FRONTEO独自の自然言語解析AI「Concept Encoder」を活用し、患者と医師との間のごく自然な会話を5〜10分程度行うことで、認知機能障害の有無を判定する事を可能とするもの。今回の契約では

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加