ロッテ―楽天戦でまた珍プレー 打球がフェンスに挟まり、本塁生還なしに!

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/03

◇パ・リーグ ロッテ―楽天(2021年5月2日 ZOZOマリン)

またも珍プレーが起こった。4回1死一塁からロッテ・安田尚憲内野手が放った左翼への大飛球が直接フェンスに食い込んで挟まった。

左翼手・島内がボールを見失っている間に、一塁から中村奨が生還したが、審判団の判断でボールデッドとなり、1死二、三塁から試合を再開した。

その後は続く角中が二ゴロを放ち、三塁走者の中村奨が先制ホームを踏んだ。

同戦は前日にも左翼手・角中がフェンス際の邪飛を捕球しようとしたところで、ファンが身を乗り出して動きが邪魔となって落球していた。井口監督からのリクエストがあり、リプレー検証の結果、ファンが守備を妨害したとして左邪飛と判断されていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加