発酵調味料を自宅で作ろう 杵築の市民団体がキット販売へ

発酵調味料を自宅で作ろう 杵築の市民団体がキット販売へ

  • 大分合同新聞
  • 更新日:2022/06/23
No image

手軽に作れる発酵調味料キットを販売する「からだこころ健幸協会」のメンバー=別府市のトキハ別府店

【別府・杵築】健康づくりや食についての講座を開いている市民団体「からだこころ健幸(けんこう)協会」(杵築市、小田茂美会長)は、発酵調味料を自宅で手軽に作るキットを7月から販売する。別府市のトキハ別府店で2、3の両日、キットの紹介などをするイベント「健やかな幸せ『健幸』のカギは『腸』にあった~すぐに実践できる腸美活」を開く。

日出町産の生の米こうじと塩やしょうゆ、乾シイタケや野菜を混ぜて作る全6種類(各千円)を用意。イベントでは同協会認定の「腸美活フードアドバイザー」がキットを使った各調味料の作り方、活用や保存方法を紹介する。小田会長(53)は「自律神経と腸」「食生活と腸」などをテーマに講演する。

塩やしょうゆだけでなく、だしの代わりにもなる発酵調味料を、家庭で手軽に使ってもらおうと開発した。小田会長は「食材の栄養価やうま味を引き上げてくれる発酵調味料。忙しい毎日に取り入れ、家族の健康づくりに役立ててもらいたい」と話している。

<メモ>

イベントは両日とも午前10時半から。発酵調味料のデモンストレーションは計4回(各日2回)で定員は各15人。参加料は2千円(キット代を含む)。30日までに申し込む。講演は無料。問い合わせは小田会長(090・5475・1469)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加