Snow Man向井康二が「第2の出川哲朗」襲名!「しんどい」

Snow Man向井康二が「第2の出川哲朗」襲名!「しんどい」

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/04/07
No image

4月3日放送の『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)に、Snow Man向井康二(26)が出演。Sexy Zone菊池風磨(26)にドッキリを仕掛けるも、逆にダマされてしまう場面があった。

関連:Snow Man深澤辰哉「プリプリって感じ」キモキャラ全開に『それスノ』出禁!

この日は、向井をドッキリの仕掛け人にさせて、逆にダマしてしまう“100日後に全力で穴に落ちるSnow Man向井 完全版”を放送。昨年11月以来、念願の仕掛け人となった向井は番組が用意したフジテレビのニセ新入社員たちとともに、実行されるはずのないドッキリを考案してきたが、今回はターゲットを菊池にすることやドッキリの内容も決まり、ついに本番当日を迎えることになった。

そのドッキリの内容とは、CMの撮影という名目で菊池を呼び出し、収録中にネバネバしたトリモチにハマらせるというもの。しかし、実際には向井ではなく菊池が仕掛け人で、まんまとダマされるフリをしながら、ターゲットの向井を落とし穴に落下させるドッキリを仕掛けることになった。

そして、本番が始まると、菊池はトリモチにハマったような名演技を披露。その様子を見て、大喜びしながらネタばらしに向かった向井だったが、途中の落とし穴に勢いよく転落し、全身が粉まみれに。突然の出来事にぼう然とした向井は自分のほうがダマされていたことを知ると、約100日間にわたる長丁場のドッキリ企画だったことから、「ドッキリGPしんどい」と嘆いていた。

■向井康二のリベンジなるか

VTR終了後、今回を含め、2回も“逆ドッキリ”に引っかかっている向井は番組スタッフに頼らず、自分でドッキリ企画を制作することを宣言し、番組へのリベンジを誓っていた。

すっかり逆ドッキリが定番化した向井だが、逆ドッキリといえば、やはりお笑い芸人の出川哲朗(57)だろう。2017年9月15日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、ロンドンブーツ1号2号田村淳(47)に14年越しの恨みをはらすべくドッキリを仕掛ける出川に長期密着。完全に信じ込ませた挙げ句に、毎度の落とし穴に出川を落として見事な逆ドッキリを成功させ、話題となった。

その見事なダマされっぷり、ドッキリの大仕掛けぶりやから、“第2の出川”を想像させる向井。果たして次のドッキリでは、ダマすのかダマされるのか?

『鉄腕ダッシュ』新レギュラーSixTONES森本慎太郎とキンプリ岸優太「残酷な差」

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加