まるでタコマナローズ橋の再来。中国、広東省の橋が強風によって大きく揺れ、異常なほどに波打つ

まるでタコマナローズ橋の再来。中国、広東省の橋が強風によって大きく揺れ、異常なほどに波打つ

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2020/09/17
No image

今年5月5日、中国、広東省にある虎門大橋が、強風の影響で大きく揺れ、路面が以上に波打つという事件が発生。

中国当局は検査のために橋を全面封鎖。橋の構造は安全なものだとしつつ、橋の欄干に置かれたブロックのせいで風の流れが変わったことが原因であると発表し、5月15日にはバスやトラックを除いて通行を再開。

タコマナローズ橋の落橋を思い出させる大きな揺れには、構造にも根本的な問題があるんじゃないかと思ってしまう。

【オススメ記事】ついつい見入ってしまう。古くなった鉛蓄電池を分解、再利用する職人の仕事風景

Bridge in China shakes like waves after being hit by strong winds

No image
No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加