ザンビアで5G通信網の試行開始 ファーウェイが支援

ザンビアで5G通信網の試行開始 ファーウェイが支援

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/01/15
No image

ザンビアで5G通信網の試行開始 ファーウェイが支援

11日、5Gの通信速度を表示したスマートフォン。(ルサカ=新華社配信)

【新華社ハラレ1月15日】多国籍移動体通信事業者、MTNグループのザンビア法人、MTNザンビアはこのほど、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)との協力により第5世代移動通信システム(5G)のの試行ネットワークを開始した。これにより、ザンビアはアフリカで最も早く5G通信網を持つ国の一つとなった。

同国のムタティ科学技術相は、5G試行ネットワーク開始式典で次のようにあいさつした。5G通信網はザンビアの人々が2022年に手にした「新年のギフト」だ。ファーウェイとの提携によりザンビアはアフリカで最も早期に5G通信網を保有した10カ国のうちの一つになった。情報通信インフラ整備が大きく進み、推進中のデジタルトランスフォーメーション計画にハードウエア面から強固な土台を提供した。

No image

ザンビアで5G通信網の試行開始 ファーウェイが支援

11日、ザンビアの5G試行ネットワーク開始式典に出席した来賓。(ルサカ=新華社配信)

ファーウェイ南アフリカ多国管理部の李飛(り・ひ)部長は、5G通信網がザンビアの人々により多くの利便性、世界とつながるチャンスをもたらすとし、ザンビアのより多くの通信業者とより深く提携できることを期待すると述べた。

MTNザンビアのホフカー最高経営責任者(CEO)は、5G通信網は高速・低遅延のメリットがあり、利用開始はザンビアの情報通信技術分野における発展・進歩にプラスになると述べ、ファーウェイの技術支援と尽力に感謝の意を表した。

ファーウェイはここ数年、ザンビアの移動体通信網整備に技術支援を提供してきた。MTNザンビアはファーウェイと提携して13年にザンビア初の4G通信網、16年に同国初の4.5G通信網を完成させてきた。(記者/張玉亮)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加