樋口楓、2年ぶりワンマンライブで届けた思い「私と一緒に進み続けよう!」

樋口楓、2年ぶりワンマンライブで届けた思い「私と一緒に進み続けよう!」

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2021/02/22

樋口楓が2月19日に東京・TACHIKAWA STAGE GARDENでワンマンライブ「Kaede Higuchi Live 2021 "AIM"」を開催した。

No image

樋口楓「Kaede Higuchi Live 2021 "AIM”」の様子。

すべての画像を見る(全18件)

樋口にとって昨年1月開催の「Kaede Higuchi 1st Live "KANA-DERO"」以来およそ2年1カ月ぶりのワンマンライブとなった本公演。樋口はこのライブでバックバンドを携え、12月にリリースしたメジャー1stアルバム「AIM」の収録曲を中心に全17曲を披露した。

No image

ライブのオープニングを飾ったのは、1stアルバムに収録されているロックチューン「FRONTIER」。バンドが勢いよく放つグルーヴィなサウンドに乗せて、樋口はライブ序盤からパワフルな歌唱を披露してオーディエンスを圧倒した。メロディアスなギターのアルペジオから始まった「MapleStep」では樋口の柔らかな歌声に観客の温かなハンドクラップが重なり、場内に一体感が広がる。樋口は「めちゃくちゃオレンジや!」と自身のイメージカラーのペンライトの光に染まった会場を見て声を弾ませ、「にじさんじもすごいところまできたんだな」と感慨深げに語った。

No image

「盛り上がる曲をいっぱいつなげてますので、よかったらみんな楽しんでいってね!」という言葉の通り、樋口はスカパンク調の「TOBI-DERO!」や、ミラーボール輝くファンクディスコナンバー「Red Star」を連投。エレクトロロックチューン「Sugar Shack」では樋口の熱気あふれるパフォーマンスにつられるように、ペンライトを握るオーディエンスの手にも力がこもっていった。その後も樋口は勢いを止めることなく「カッコいいブロックに入っていこうと思いますので!」と宣言し、炎が吹き上がる演出とともにヘヴィなロックチューン「Be Myself」を熱唱。迫力のあるバンドサウンドをバックに「ステレオアイデンティティ」や「響鳴」といった強い意思がみなぎる楽曲を次々と歌い上げた。

No image

MCでは樋口はメジャーデビュー前にファンに提供してもらった“ファンメイド”の楽曲にも言及。「『MapleStep』と『Red Star』を歌わせてもらいました。ランティスさんに入って、ファンメイドの曲を歌う機会が減るんじゃないかと毎回ライブするごとに言われるんだけど、やっぱりファンメイドの曲が私の根っこにあるものだから、これは絶対にセトリに入れたいですということで歌わせていただきました。ファンメイド曲はもっとたくさんあるので、どこかでまた歌えたらいいなと思います」とメジャーデビューしても変わらない思いを語った。

No image

ライブ中盤には、昨年行われたにじさんじによるゲーム大会企画・にじさんじ甲子園決勝の映像が流れる。そして樋口監督から選手たちへのメッセージを経て、樋口はにじさんじ甲子園での名言を散りばめたスペシャルバージョンで「Victory West!」をパフォーマンスした。樋口をモチーフにした不思議なキャラクター・カエデのVTRとともに披露されたのは「たこ焼きロック」。アルバムのリード曲「アンサーソング」の前には、「17歳のもう1人の私へ」という言葉とともに、“22歳の樋口楓”から、今まさに夢に向かって進んでいく17歳の樋口へのメッセージ映像が上映された。

No image

ここまでさまざまなジャンルの楽曲を披露してきた樋口は、「mImI」やファンから歌詞を募集して作り上げた「For you」といったバラード曲をエモーショナルに歌唱。ライブ終盤にはきらびやかなバンドサウンドが広がる「現代社会、ヒロインは!」を楽しげに飛び跳ねながら届けた。ラストナンバーはナナヲアカリが提供した楽曲「アブノーマルガール」。黒板に歌詞が書かれていく演出をバックに、樋口は元気いっぱいにこの曲を歌い上げてステージをあとにした。

アンコールを求める拍手に呼ばれて、再びステージに姿を現した樋口は「Q」をエネルギッシュにパフォーマンスした。最後には制服姿になり、自身の決意が込められたメジャー1stシングル曲「MARBLE」を力を込めて歌唱。「これから大変なこともあると思うけど、この瞬間を胸に、明日、未来、夢を自分のものにできるように私と一緒に進み続けよう!」とオーディエンスに言葉を贈り、2年ぶりのライブに笑顔で幕を下ろした。

樋口楓「Kaede Higuchi Live 2021 "AIM”」2021年2月19日 東京都 TACHIKAWA STAGE GARDEN

01. FRONTIER
02. MapleStep
03. TOBI-DERO!
04. Red Star
05. Sugar Shack
06. Be Myself
07. ステレオアイデンティティ
08. 響鳴
09. Victory West!
10. たこ焼きロック
11. アンサーソング
12. mImI
13. For you
14. 現代社会、ヒロインは!
15. アブノーマルガール
<アンコール>
16. Q
17. MARBLE

※「mImI」はIにグレイヴ・アクセント付きが正式表記。

撮影:花菜(株式会社オギクボマン) / 今元秀明(Studio3969)(c)BANDAI NAMCO Arts Inc. ©2017-2020 Ichikara Inc.(c)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加