来季レッドブル”復帰”のリカルド、マクラーレンでの最終レースを入賞で終え「ホッとした」と語る

来季レッドブル”復帰”のリカルド、マクラーレンでの最終レースを入賞で終え「ホッとした」と語る

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/11/25
No image

ダニエル・リカルドは、2022年のF1最終戦アブダビGPを13番グリッドからスタートし、9位でフィニッシュした。このレースはリカルドにとってマクラーレンでの最後のレースとなったが、クリーンに戦い切ったことについて「ホッとした」と語った。

2022年限りでマクラーレンを離れることが決まっていたリカルドは、アブダビGPが終わった後の水曜日、2023年はレッドブルにサードドライバーとして”復帰”することが正式に発表された。

そのリカルドは、マクラーレンでの最後のレースとなったアブダビGPを、前戦サンパウロGPで受けたペナルティもあり、13番グリッドからスタートした。そしてレースを1ストップで走り切り、最後はセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)の追撃を凌ぎ切り、9位でフィニッシュした。

リカルドはレース中、最後のレースということで感情的にならないよう、集中力を維持しようとしていたと語った。

「満足しているし、シーズンがブラジルでのレースとは違う形で終わったことにも安堵している」

マクラーレンはアブダビGPについてそう語った。

「チェッカーフラッグを受けられたし、ポイント圏内でフィニッシュすることもできた。今年の締めくくりとしては、少し安堵できると思う」

「将来がどうなるかは分からない。これが僕にとって最後のレースになるのだとしたら、少なくとも最後にベッテルと良いバトルができたと言えるだろうし、自分のパフォーマンスにも少し満足できている。そういうわけで、ホッとしているよ」

「正直、あまり感情的にならないようにした。(最後かどうかは)確実なことではないからね。そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。感情的になったりしたくなかったんだ」

「僕はただ集中し続けようとしたし、全てを受け入れて感謝しようとしていた。でも、最終的には集中力を維持して、58周のレースに集中した」

堅実なドライブを見せたにも関わらず、マシンのポテンシャルを全て引き出すことができたとは感じていないとリカルドは語る。

「ペースに関しては、全てを引き出すのはまだまだ難しいことだった」

リカルドはそう語った。

「でも自分が手にしたモノでうまく攻撃し、そしてうまくディフェンスすることができたと感じている」

「そしてベッテルが僕を捕まえるだろうと考えていた。それでも彼を抑えることができて、誇りに思う。そしてルイス(ハミルトン/メルセデス)の不幸で、セブもキャリア最後のレースでポイントを獲得できた。そのことは、僕にとっても少しハッピーなことだった」

リカルド曰く、来季F1でレースをしないと分かっていることが、少なからずモチベーションになったという。

「正直なところ、それはある意味では僕を少し動揺させた。ハングリーな気持ちで、少し苛立っていたんだ」

「自分の居場所がグリッド上にあるかどうかは、戻ることができた時に本当の意味で分かるんだと思う。自分が走っていないということを気にせず、ただファンとしてF1を見ていたら、これでいいんだという答えになると思う。そうなったら、僕の未来は違ったモノに見えるだろう。もちろん、また戻りたいという気持ちを持っていたいし、きっとそうなると思う」

「しかしそれ(来季シートがないこと)はまた、僕に休む時間を与え、自分自身を再び作り上げ、浮き沈みもそれほど多くなく、もう少しバランスの取れた1年を過ごすための時間を与えてくれる」

「また個人的には、これで少し一貫性が保たれ、少し幸せになれると思う」

Motorsport Network.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加