ボクシング=元WBAスーパーライト級王者カーンが現役引退

ボクシング=元WBAスーパーライト級王者カーンが現役引退

  • ロイター
  • 更新日:2022/05/14

[ロンドン 13日 ロイター] - 元WBAスーパーライト級王者のアミル・カーン(35、英国)が13日、現役引退を発表した。

No image

元WBAスーパーライト級王者のアミル・カーンが13日、現役引退を発表した。ラスベガスで2014年5月撮影(2022年 ロイター)

カーンはツイッターで、「グローブを置くときが来た。27年にわたり、これほど素晴らしいキャリアを送れたことをうれしく思う」と述べた。

カーンは17歳で2004年アテネ五輪に出場し、ライト級で銀メダルを獲得。翌年にプロに転向し、09年にWBA、11年にIBFのスーパーライト級王座を獲得した。

直近では2月に同胞のケル・ブルックと対戦し、敗戦した。通算戦績は34勝6敗。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加