レコード風デザインのバーベイタムCD-R「Phono-R」、ジャケット自作キットも

レコード風デザインのバーベイタムCD-R「Phono-R」、ジャケット自作キットも

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/07/01
No image

アイ・オー・データ機器は、アナログレコードのようなデザインを採用したVerbatim(バーベイタム)ブランドのCD-R「Phono-R」シリーズを8月1日に発売する。音楽用CD-Rとデータ用CD-Rの2種類を用意し、価格はすべてオープンプライス。タイプや枚数などによって店頭価格(税込)が異なり、一例としてカラーMIXタイプ5枚入り(AR80FHX5V7)は580円を見込む。

スマホにCDを取り込める「CDレコ5」、DVDが見られる新機種も

また、ナカバヤシと協力して開発した「CDジャケットデザインキット」も8月1日に発売。7インチのEPレコード風のジャケットが作れる「CER-EP-IN01」と、ミニレコード風の「CER-CD-IN01」の2種類を展開する。

製品ラインナップと店頭価格(税込)は以下の通り。
音楽用CD-R カラーMIX

5枚入(ジュエルケース)「AR80FHX5V7」:580円前後
10枚入(ジュエルケース)「AR80FHX10V7」:980円前後
30枚入(スピンドル)「AR80FHX30SV7」:1,480円前後※カラー:レッド・パープル・ブラウン・グリーン・ブルー

音楽用CD-R インクジェットタイプ

10枚入(ジュエルケース)「AR80FHP10V7」:980円前後
30枚入(スピンドル)「AR80FHP30SV7」:1,480円前後

データ用CD-R

カラーMIX 50枚入(スピンドル)「SR80FHX50SV7」:1,480円前後※カラー:レッド・パープル・ブラウン・グリーン・ブルー
インクジェットタイプ 50枚入(スピンドル)「SR80FHP50SV7」:1,480円前後

CDジャケットデザインキット

EPレコード風 7インチ(185×185mm)「CER-EP-IN01」:480円前後
ミニレコード風 CDサイズ(135×135mm)「CER-CD-IN01」:480円前後

アイ・オー・データ機器は、Verbatimブランドの光ディスク製品の国内総代理店として2013年より取り扱っている。今回の「Phono-R」シリーズは、アナログレコードのCD-Rへのバックアップや、レコードの曲をCDプレーヤーで再生したいというニーズに向け、レコード風デザインを採用。「レコードを保存するためのCD-R」とアピールしている。

なお、2020年1月より三菱ケミカルメディア製造元の国内Verbatimブランド記録メディア等製品はVerbatim Japanが事業取得しているとのことだ。

Phono-Rは従来モデルからデザインを変更し、盤面の黒い面にはレコード風の溝が刻まれている。カラーMIXモデルは、中央面にレッド・パープル・ブラウン・グリーン・ブルーの5色を配色。インクジェットタイプは中央面がホワイトで、インクジェットプリンターで印刷ができる。

記録面には、耐久性を高め、長期保存に向くというAZO色素を採用。ケースは市販CDと同じ1cm幅のジュエルケース、黒色トレイを採用し、紫外線からCD-Rを保護する(現行モデルは5mm透明ケース)。

インデックスカードのデザインも、落ち着きのある木目調に変更。カードの内側は、アルバムに収録された楽曲を書きやすくした。レーベル面は油性のフェルトペンで手書きできる。

アイ・オーでは、手持ちのレコードプレーヤーに、スマートフォン用アナログレコーダー「ADレコ」、スマホ用アプリ「CDレコミュージック」、PCレスでCDをスマホに取り込める光学ドライブ「CDレコ」を組み合わせれば、PCを使わずにレコードをCD化できるとアピールしている。
○レコード風CDジャケットを自作できるデザインキット

ナカバヤシの協力の元で開発した、レコード風CDジャケットを簡単に作れるキット。7インチのEPレコード風ジャケットと、CDサイズのミニレコード風の2タイプを用意する。CD-Rは付属せず、別途購入する必要がある。

アイ・オーのWebサイト上に用意されたジャケット・デザイン作成ツールのページに画像をアップロードするだけで、キット同梱の台紙にぴったりサイズの印刷データ(PDF)を作成できる。そのデータをPCからプリンターで同梱の光沢ラベルに印刷し、キットの台紙に貼り付けるだけで完成する。初心者でも作れるよう、動画マニュアルを用意する。

庄司亮一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加