オリックス痛恨の大敗でV争いから半歩後退 山口に3被弾8打点を許す 鷹M7に

オリックス痛恨の大敗でV争いから半歩後退 山口に3被弾8打点を許す 鷹M7に

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/09/23
No image

4回途中、降板する山岡(中央)=撮影・高部洋祐

「オリックス5-13ロッテ」(22日、京セラドーム大阪)

オリックスはロッテに大敗を喫し、優勝争いから半歩後退した。試合のなかった首位・ソフトバンクのマジックは1つ減って、「7」に。投手陣が2桁失点を喫し、炎上した。

先発の山岡が攻略された。初回から押し出し四球なども絡み、4失点。四回無死一塁からは山口に2ランを浴びた。

3番手・村西も踏ん張れない。六回は角中に3ラン、七回は山口にソロを食らい、2回4失点。点差を広げられた。さらに、八回には東も山口に3ランを浴びた。山口には3発を食らい、1人で8打点と荒稼ぎされた。

打線は初回に宗の犠飛で得点。七回に野口がプロ初弾、八回に中川圭がソロを放つなど、追い上げを見せたが、及ばなかった。

試合前の時点では、首位・ソフトバンクとゲーム差なし。この日、勝てば単独首位浮上だった。しかし、0・5ゲーム差に広がり、優勝争いから半歩後退。ソフトバンクのマジックは7になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加