【阪神新馬戦】13番人気クインズバジル 世代最後の新馬戦制す!梅田師「いい意味で裏切られた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

阪神4R新馬戦(ダート1800メートル)はこの世代最後の新馬戦を制したのは単勝80倍超えのクインズバジル(牝=梅田、父クリエイター2)。13番人気だったが、3番手追走から直線で抜け出し、2着に3馬身差をつける堂々たる勝ちっぷり。岩田望は「抜け出して右に左に動いていたのが次への課題。レースセンスはいい」。梅田師は「最後の新馬戦なので無理に間に合わせたが、いい意味で予想を裏切られた。びっくりした」と驚き顔だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加