ジェニファー・ロペス、双子の子供達が13歳に「嬉しいけれど、時間を止められないのが悲しい」

ジェニファー・ロペス、双子の子供達が13歳に「嬉しいけれど、時間を止められないのが悲しい」

  • Techinsight
  • 更新日:2021/02/23
No image

歌姫ジェニファー・ロペスの男女の双子マックスくんとエメちゃんが、今月22日に13歳の誕生日を迎えた。子供達がいよいよ“ティーンエイジャー”になったことで、母ジェニファーの胸のうちは少々複雑なもよう。「今朝はものすごく感情的」「時間が止められないのが悲しい」とその心境をInstagramに綴っている。

ジェニファー・ロペスは2004年に結婚した3番目の夫でプエルトリコ系のシンガー、マーク・アンソニーとの間に2008年、男女の双子マックスくん&エメちゃんを出産した。誕生日には毎年キュートな写真や動画を公開し、子供達の成長をファンに報告してきたジェニファー。今年は成長記録の動画やパンケーキやベーコン、ワッフルなど豪華な朝食をベッドで満喫する双子の様子をInstagramでアップしている。

13歳は正式な“ティーンエイジャー期”の始まりを意味することからジェニファーはまず、

「私の美しいベビー達が今日、ティーンエイジャーに!! OMG!! 」

と驚きの心境を綴っている。そして母になって間もない日のことや、これまでの13年間をこのように回想した。

「吹雪のさなか、両腕に2人を抱きかかえて家路についたあの時から、もう13年も経つなんて信じられないわ。あの猛吹雪の中、私のもとには2人のパーフェクトなココナッツ達が来てくれた。2人は私のそれまでの人生に変化をもたらして、愛の真の意味を教えてくれたわ。2人と歩んできたこれまでの道のりは、冒険と喜びに満ちた最高にマジカルな旅だった…」

そしていよいよティーンエイジャーとなった子供達に対する複雑な思いを、次のように続けた。

「今朝の私はいろいろな感情を抱えているわ…今日はものすごく感情的になってしまう… 2人を心から誇りに思うし嬉しいけれど、時間を止められないことが悲しくて。」

「思いやりがあって、繊細で、特別なソウルの持ち主… あなた達はそれぞれのユニークなやり方で、世界を変えていってくれるでしょうね… ママはあなた達を、永遠を超えてずっとずっと愛しています…」

ジェニファーはその後Instagramストーリーを更新し、「BDAY LESSONS WITH LENNY」と称した短い動画をアップ。エメちゃんがあのレニー・クラヴィッツ本人から直々にギターの手ほどきを受けるという、豪華すぎるバースデープレゼントを明かしている。

今後マックスくん&エメちゃんの継父となる予定のジェニファーの婚約者アレックス・ロドリゲスは当日、Instagramやストーリーに

「ハッピーバースデー エメ&マックス!!!」
「2人とも愛しているよ!!!」

とメッセージを綴り、自身の娘達との合同ショットなどを多数公開した。

エメちゃんは昨年2月、ジェニファーとともに「NFLスーパーボウル」のハーフタイム・ショーのステージに立ち、その堂々とした佇まいや歌唱力が注目を集めたほか、秋には自著『LORD HELP ME!』を出版するなど、早くも多方面で才能を開花させている。

日頃から「何者にだってなれる」「夢はいくつでも叶えることができる」と若い世代にエールを送り続ける傍ら、自身もストイックに夢を叶え続けるジェニファー・ロペス。そんな母親の背中を見ながら成長を続けるマックスくん&エメちゃんの活躍を、ファンも今から心待ちにしていることだろう。

画像は『Jennifer Lopez 2020年12月5日付Instagram「I love that they still want to sit on mama’s lap!」』『Alex Rodriguez 2021年2月22日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加