キンプリ永瀬、ベストジーニスト初選出「殿堂入りアイドルを目指したい」

キンプリ永瀬、ベストジーニスト初選出「殿堂入りアイドルを目指したい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25
No image

「第38回ベストジーニスト2021」受賞者の左から永瀬廉、新木優子、東野幸治、林原めぐみ=東京・品川

人気グループ、King&Princeの永瀬廉(22)が25日、最もジーンズの似合う有名人に贈られる「第38回ベストジーニスト2021」の一般選出部門を初受賞し、東京都内で行われた授賞式に出席した。

1日に2、3回着替えて履くほどのジーンズ好きで「デビュー前の高校生の頃から、いつか取らせてもらえたらと言っていた。夢がかなって人生で一番うれしい瞬間です」と大喜び。過去に木村拓哉(49)、嵐の相葉雅紀(38)、KAT-TUNの亀梨和也(35)らジャニーズ事務所の先輩たちが殿堂入り。自身は女性ファッション誌「ViVi」の国宝級イケメンランキングで殿堂入りしており、「『ベストジーニスト』でも殿堂入りして〝殿堂入りアイドル〟を目指したい」と力を込めた。

同部門に選出された女優、新木優子(27)はブーツカットのジーンズに肌を露出したシャツを合わせ、「ジーンズは相棒のような存在。勝負服で履くときもある」とにっこり。

協議会選出部門を受賞したタレント、東野幸治(54)は日本テレビ系バラエティー「旅猿」でBIG JOHNのデニムを購入したことがきかっけで、自身のYoutubeチャンネルで人気企画「東野デニム」をスタート。「日本ジーンズ協議会の中にビッグジョンさんがいて、DMで『かなり強く推しておきました』と連絡が来た。ズブズブの関係での受賞です」と笑わせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加