ニコン Zマウント、S-Lineの超広角ズーム「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」

ニコン Zマウント、S-Lineの超広角ズーム「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/16
No image

ニコンイメージングジャパンは9月16日、ニコン Zマウントを採用するニコンFXフォーマット対応の大口径超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S」を発表した。10月から発売する。価格は352,000円(税込)。

ニコン「Z 5」レビュー 低価格でも手抜きなし、キットレンズが魅力を底上げ

NIKKOR Zレンズの「S-Line」に属する、焦点距離14-24mmの大口径超広角ズームレンズ。焦点距離全域で開放F値2.8をカバー。絞り開放から画像周辺部まで解像感の高い描写力を発揮し、星や山、建物など幅広い風景撮影を楽しめるとしている。

レンズ構成は11群16枚(EDレンズ4枚、非球面レンズ3枚)で、最前面のレンズには両面非球面レンズを採用。従来モデルよりも高い点像再現性を備える。ナノクリスタルコートとアルネオコートにより、ゴーストやフレアも効果的に抑制。

動画撮影での使用にも配慮し、静粛性の高いSTM(ステッピングモーター)や、クリックレスのコントロールリングを採用。防塵・防滴性能も高く、レンズ前玉はフッ素コートによって防汚性能にも優れる。レンズ前側には付属の専用レンズフードを介してネジ込み式フィルターを装着可能。そのほかの仕様は以下の通り。

絞り形式:9枚(円形絞り)
最大絞り:F2.8
最小絞り:F22
最短撮影距離:0.28m(撮像面から)
最大撮影倍率:0.13倍
アタッチメントサイズ:112mm
最大径:約88.5mm
長さ:約124.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
重さ:約650g

リアクション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加