宇宙感動体験の創出を目指すソニーの「STAR SPHERE」が、第一期 “クルー” の募集を開始。クラウドファンディングを通じて、事業を共創する仲間を募る

宇宙感動体験の創出を目指すソニーの「STAR SPHERE」が、第一期 “クルー” の募集を開始。クラウドファンディングを通じて、事業を共創する仲間を募る

  • Stereo Sound ONLINE
  • 更新日:2022/06/23
No image

ソニーグループ株式会社(以下、ソニー)は、 宇宙感動体験の創出を目指すプロジェクト「STAR SPHERE(スタースフィア)」の事業化に向けて、「宇宙の視点」の探索や宇宙を人々にとって身近な存在にするための共創活動に取り組む仲間 “クルー” の第一期募集を本日より開始した。

STAR SPHEREはソニーが今年のCESで発表した新しいビジネスモデルで、東京大学、JAXAと共同で、ソニーのカメラを搭載した人工衛星を打ち上げ、ユーザーが意図したカメラワークで地球や星々を撮影できるサービスだ。本件については麻倉怜士さんの連載「いいもの研究所」で詳しく紹介しているが、今回はその事業化第一弾ということだろう。

[ 関連記事を読む - STAR SPHERE ]

No image

“宇宙の感動体験” を、身近なものとして提供します。ソニーグループが宇宙関連事業に乗り出した、その狙いを聞く:麻倉怜士のいいもの研究所 レポート72 - Stereo Sound ONLINE

ソニーグループ(以下、ソニー)が今年1月にラスベガスで開催されたCES2022で発表したテーマで異彩を放っていたのが、「宇宙感動体験の創出を目指すSTAR SPHERE(スタースフィア)」だった。東京大学、JAXAと共同で、ソニーのカメラを搭載した人工衛星を打ち上げ、ユーザーが意図したカメラワークで地球や星々を撮影できるサービスという。
しかしなぜソニーが人工衛星なのか? 具体的にどんなビジネスを考えているのか? 今回はCES2022の発表で大いに興味を引かれたという麻倉さんが、「STAR...

online.stereosound.co.jp

そのクルーは、クラウドファンディングを通じた支援という形で募集する。宇宙感動体験の創出をクルーの一員として目指すとともに、支援額に応じた各種リターンを得ることができるというもの。

STAR SPHEREでは上記のように超小型人工衛星を開発しており、今年10月以降の打ち上げを予定。打ち上げ後は、操作シミュレーターを使い、ユーザーが意図したカメラワークで地球や星々を撮影することができるようになる見込みだ。クルーになることで、これを使った宇宙撮影体験ツアーや、衛星管制室見学つきワークショップなどに参加できるという。

“クルー” の募集要項
●募集期間(第一期):2022年6月23日(木)〜8月23日(火)
※第二期以降の募集については、STAR SPHERE公式サイト、公式Twitterなどで随時紹介予定
●募集形式:クラウドファンディング(関連リンク参照)
●リターン内容の一部: 宇宙撮影体験ツアー、衛星管制室見学つきワークショップ、クルーガイドブック、プロジェクトステッカー

No image

ソニー×宇宙|STAR SPHEREプロジェクト第1期クルー募集 - クラウドファンディング READYFOR

超小型人工衛星に触れ、オリジナル写真や自由に操作できる体験をしてみませんか?そして宇宙を身近にする言葉と共に発信してくれるクルーを募集します - クラウドファンディング READYFOR

readyfor.jp

No image

STAR SPHERE | Space Inspiration Project

自由にリアルタイムでカメラを遠隔操作できる人工衛星を打ち上げ、宇宙から地球や無数の星をとらえる。ソニーが手掛ける宇宙感動体験事業は、テクノロジーとエンタテインメントの力で宇宙の視点を人々に解放し、宇宙感動体験を多くの人々に届けることを目指します。

www.sony.com

Stereo Sound ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加