いきものがかり水野良樹、現体制ラストライブ前夜「寂しいというよりも、誇らしいというか」

いきものがかり水野良樹、現体制ラストライブ前夜「寂しいというよりも、誇らしいというか」

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/06/11
No image

いきものがかりの山下穂尊(右)が脱退を発表。今後は水野良樹と吉岡聖恵の2人で活動を続ける

3人組グループ・いきものがかりが10日、現体制では最後となる横浜アリーナ2daysの初日公演を行い、終演後、リーダーの水野良樹が自身のツイッターを更新した。

【写真】水野良樹が小1からの盟友・山下穂尊の脱退発表にツイート

いきものがかりは今月2日、ギターの山下穂尊が今夏をめどにグループを脱退し、表舞台に立つ芸能活動からは離れることを発表。3人でのライブは10・11日の横浜アリーナが最後となる。

水野はファンに向け、「横浜アリーナ初日終わりました。幸せなグループだなとあらためて思います。来てくださった皆さん、ありがとう」と感謝。

「今日、3人だけで演奏するのが最後の曲もあった。寂しいというよりも、3人でちゃんとやり終えることができて、なんか誇らしいというか、すっきりとした気持ちになった。不思議な感覚だった」と胸中を明かした。

ファンからは「素晴らしいライブをありがとうございました」「ずっと涙が止まりませんでした」「選曲からファンへの愛がすごく伝わってきました」「いきものがかりを好きになって本当によかったです」といったコメントが多数寄せられている。

吉岡聖恵、水野、山下の3人でのラストライブは、11日午後6時30分開演予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加