「建物揺れるほどの音」 青森・鯵ケ沢町で謎のごう音

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2021/09/15

青森県鯵ケ沢町内で14日午後4時半ごろ、大きな物が落ちたようなごう音が響き渡り、町民を驚かせた。町役場職員が町内を巡回したが、原因は不明のまま。警察や消防にも情報は入っておらず、隕石(いんせき)や落雷、花火などさまざまな臆測が飛び交った。

同町本町地区では複数の住民らが、びっくりした様子で外に出てきた。50代の自営業男性は「建物が揺れるほどの音だった」と振り返った。

ごう音は、本町地区から直線で2キロ以上離れた町役場でも確認された。町役場には、住民から数件の問い合わせがあったという。男性職員は「ドスンと物が落ちたような、すごい音がした。北朝鮮のミサイルのケースもあるが、Jアラート(全国瞬時警報システム)は鳴らなかったし…。何なのか全く分からない」と首をかしげた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加