日常のあらゆるシーンに心に寄り添う花を[好きな花と]

日常のあらゆるシーンに心に寄り添う花を[好きな花と]

  • metropolitana
  • 更新日:2022/01/15
No image

どんなインテリアにもマッチするのが、ニュアンスカラー(淡い中間色)の花。旬のスイートピーならば、グリーンとパープルのうっすらとしたグラデーションが美しい「アンティーク」。バラの中では、スモーキーなピンクが特徴的な「テナチュール」などは、単体でも存在感があるとともに、組み合わせても上品な印象になる。

世代や性別を超えて、支持される花屋「ex. flower shop & laboratory」。フローリスト・蛭子みちるさんに、花の魅力を聞いた。

手をかけた分だけ愛おしくなる存在

さまざまな空間に馴染みやすい、ナチュラルテイストの花を揃える「イクス」。こちらのフローリスト・蛭子みちるさんは、リビングや寝室、お手洗いまで、自宅のいたるところに花を飾っているという。毎朝花の手入れから一日をスタートしていると、花に触れている時間が“心を整えてくれる”と気づいたそうだ。「飾って癒やされるだけでなく、水換えをしたり枝を切ったり、自分が手をかけた分だけ、長く楽しめるのも花の魅力。心おだやかになれる時間を楽しんでほしいですね」と蛭子さん。飾るだけでなく、手入れをする時間を通じて、心にちょっとゆとりが持てる。そんなふうに花を楽しむのも、ひとつのあり方だ。

No image

フローリスト 蛭子 みちる

地元東北の花屋で勤務後、2019年より「イクス」のフローリストとして販売・装飾・レッスンなどを行っている。

ex.flower shop & laboratory NAKAMEGURO

目黒区中目黒3-23-16 3F
Tel. 03-3712-2855
[営]11:00~19:00
[休]不定休
https://www.ex-flower.com

おうちでつくってみよう ニュアンスカラーブーケ

ちょっとした気持ちを伝えたいとき、手づくりのブーケを贈るのはいかが?フローリスト・蛭子みちるさんが教えてくれた、落ち着いた雰囲気の大人のブーケのつくり方を紹介!

《使う花の一例》

No image

MAIN
バラ(テナチュール)

BASE
スイートピー(アンティーク)
カーネーション(シャープ)

SMALL
アストランティア/アゲラタム
クレマチス/スカビオサ

GREEN
ユーカリ

−POINT−
花選びについて

バランスのとれた立体感のあるブーケをつくるポイントは、メイン、ベース、小花、グリーンの4種類を意識すること。花の色は、くすんだ色や淡い色で「3色まで」を意識すると、大人っぽい雰囲気に仕上がる。

【用意するもの】

・ ハサミ
・ 麻ひも
・ キッチンペーパー(もしくはティッシュペーパー)
・ 小さいポリ袋(もしくはアルミホイル)
・ セロハンテープ
・ 耐水性の包装紙(ワックスペーパーなど)
・ ラフィア(もしくはリボン)

Let's Try!

No image

Step 1
余分な葉っぱをとる

結束する部分にある葉っぱやトゲを、手でもぎとる。とるのは、上から約15cmより下にある範囲が目安。

No image

Step 2
束ねる

利き手とは反対の手でメインの花の茎を握り、配置やバランスを考えながら、ベースの花と小花を加えていく。グリーンは、花と花のあいだやまわりに加えていく。

No image

Step 3
茎を切る

2の束を握ったまま、上から30cmくらいの長さを目安にハサミで切り揃える。

No image

Step 4
結束する

3で握っていた位置に、麻ひもを巻いていく。茎を握った手の親指で麻ひもの端を固定しながら、麻ひもがゆるまないように、茎が折れない程度にしっかりとぐるぐる巻きにして、固結びをする。

保水&ラッピング

キッチンペーパー(ティッシュペーパーでも可)を濡らして茎の切り口に巻いたら、ポリ袋(アルミホイルでも可)をかぶせる。水分がこぼれないようにセロハンテープで口を固定する。ワックスペーパーの中心に茎がくるようにしてくるんだら、ラフィアで結んで完成。

−TIPS−
花を長持ちさせるために

ブーケのラッピングを外したら、茎の切り口を1cmほど切ってから水に差すことで、茎が水を吸い上げやすくなって、より長持ちする。花の元気がなくなってきたときにもおすすめ!

metropolitana

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加