二階堂ふみ、杏とプライベートでの“母娘の交流”を熱望<アダムス・ファミリー>

二階堂ふみ、杏とプライベートでの“母娘の交流”を熱望<アダムス・ファミリー>

  • モデルプレス
  • 更新日:2020/09/27

【モデルプレス=2020/09/27】女優の二階堂ふみが26日、都内で行われたアニメーション映画「アダムス・ファミリー」(公開中)の公開記念イベントに、生瀬勝久、秋山竜次とともに登壇した。

No image

(写真 : 二階堂ふみ、杏 (C)モデルプレス)

【写真】東出昌大、杏との出会いで「だいぶ更生された」過去を明かす

◆杏“ファミリー感”に自信「実写ですね」

同作はアルフレッド・ヒッチコックやティム・バートンなど様々なクリエイターにインスピレーションを与え、アメリカで長年に渡って愛されてきた「アダムス・ファミリー」の初のアニメ化作品。は、アダムス家の家長・ゴメスの妻「モーティシア」、二階堂はゴメスとモーティシアの長女「ウェンズデー」の日本語版声優を担当した。

ステージにあがると、は、役柄を意識した衣装で登場した4人を見渡して、「4人のファミリーが揃ったのは今日が初めてなのですが、本当にもう実写ですね」と声を弾ませた。

さらに「ハロウィンになったら『アダムス・ファミリー』のどのキャラのコスプレをしたい?」との話題でも、「そのまま実写で」とにっこり。秋山が「『実写の声、掛からないかな?』という感じですよね」と同意すると、は「ショートムービーでいいからやってみたいくらいの近さがみんな、ありますよね」と、当日登壇した“日本語版「アダムス・ファミリー」”が気に入った様子。

秋山も「せっかく“ファミリー”になったので、1回家族っぽいことをしてみたいですね。ダメですかね?例えば国道沿いのファミレスに行ったりとか、ボーリングに行ったりとか」と“日本語声優版「アダムス・ファミリー」”での交流を提案。二階堂は「私はさんとまだ中でしか(=仕事でしか)ご一緒できていないので、“母娘の絆”みたいなものをやってみたいです」と願望を告白。そんな二階堂に、は「そうだね」と優しく声を掛けていた。

◆二階堂ふみ、大ファン作品の抜てきに「やったー!」

また、声優初挑戦となった二階堂は、「声のお仕事をさせて頂くのが今回、初めてだったので、みなさんにご迷惑をお掛けしながらやらせて頂きました。最初にキャスティングをお聞きしたときに、すごくぴったりだなと思いました。聞いていないからこそ、どういう声になるのだろうと想像がどんどん膨らんでいって、それがすごく楽しかったです」と振り返った。続けて、「でも、やっぱり、難しかったです」と本音をポツリ。

ただ、「アダムス・ファミリー」の大ファンといい、「小さいころから『100回以上は観ているのでは?』というくらい実写の方を観ています」と告げ、ウェンズデー役が決定したときの心境を尋ねられると、「『やったー!』って言いました!」と笑顔を弾けさせた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加