眞田佳織、娘の3歳半健診で発覚した衝撃の事実に「動揺を隠しきれない」

眞田佳織、娘の3歳半健診で発覚した衝撃の事実に「動揺を隠しきれない」

  • アメーバニュース
  • 更新日:2023/05/26

フリーアナウンサーの眞田佳織が25日に自身のアメブロを更新。娘の3歳半健診で発覚した衝撃の事実を明かした。

この日、眞田は「昨日、3歳半検診に行って来ました」(原文ママ)と娘の3歳半健診に行ったことを明かし「身長100センチごえ」と娘の成長ぶりを報告。「最初何センチだっけ?」「51センチ!!倍やん!!」と述べ「生まれて4年で倍のサイズになるのか…乳幼児期の成長、凄まじすぎる。恐れ入ります」と驚いた様子でコメントした。

続けて「保健師さんとのお話、身長体重チェック、内科検診と順調に進んで」と説明し、最後の歯科健診の際に「衝撃の事実が発覚」と告白。「娘さん…下の歯って折れてます?」と尋ねられたといい、さらに「下の歯の前歯が1本ない」「1本無い分隙間が空いていて、今ある歯があるべき位置から少しずつずれてきてしまっているのが気になります」と言われたことを明かした。

また「これまで全く指摘されなかった」といい「動揺を隠しきれない」とコメント。「心配はいらないけれど、レントゲンをちょくちょくとって、経過観察した方が良さそうですね」と言われたそうで「先生、見つけてくださってありがとうございます!」と感謝をつづり「即、小児歯科を予約して来週診ていただくことになりました」と報告した。

最後に「今朝、幼稚園のクラスメイトのお母様に思わず相談した」と明かすも「私も歯、1本ないですよ。大丈夫」と返答があったそうで「だいぶ落ち着いたあたくしでした」と安堵した様子でつづり、ブログを締めくくった。

Ameba編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加