新iPad AirのスペックをProや無印と徹底比較! iPad Proに近い性能のお手頃モデル

新iPad AirのスペックをProや無印と徹底比較! iPad Proに近い性能のお手頃モデル

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/09/16

第8世代iPadとともに登場したiPad Airの2020年モデル。従来のiPad AirはiPad Proと無印の中間で、やや位置づけが難しいモデルとなっていたが、今回はiPad Proに比較的近いデザインと性能を持って、しかも価格は抑えられているという、お手頃感のある製品に仕上がっている。

ここでは、iPad Pro 11インチ、2019年のiPad Air、第8世代iPadを加えた詳細スペック表とともに、違いを見ていこう。

No image

生まれ変わったiPad Airは、iPad Proに近い機能を持つ

11インチiPad Proに近いサイズと機能 もちろん差はあるが USB-C、第2世代Apple Pencil、新Touch ID、カラバリと魅力大

本体サイズからもわかるように、11インチiPad Proをベースにしていることがわかる新iPad Air。ただし、厚みは若干増している。またディスプレーについては最大120HzのリフレッシュレートのProMotionテクノロジーの非対応、カメラはシングルなど、iPad Proとの性能差があることは間違いない。

No image

iPad Proと異なり、高リフレッシュレートのProMotionは搭載しない

一方で、コネクタはUSB Type-Cになり、周辺機器の接続が容易に。Apple PencilもiPad Proと同じく第2世代を用いる。また、Magic Keyboardにも対応した。CPUもiPhone 12にも採用されると思われる、A14 Bionicを搭載。コア数に勝るA12Zとの性能比較は気になるところ。

No image

新開発のA14 Bionicを搭載

逆にiPad Pro以上に魅力的なのが、Touch IDと5色のカラバリ。iPad Proと同じくホームボタンは非搭載だが、Face IDになったわけではなく、本体上部にTouch ID搭載の電源ボタンを用意。コロナ禍の今ではこちらの方が利便性が高いと言える。カラバリは定番のシルバー、スペースグレイに加え、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーを用意。選ぶ楽しみがあるのはなによりうれしい。

No image

本体上部にTouch ID搭載の電源ボタン

No image

カラバリは5色も!

No image

どれを選ぶか悩んでしまいそう

No image

USB Type-C搭載も特筆すべきポイント

従来のiPad Airは無印寄りの中間だったが、新iPad AirはiPad Pro寄りの中間になったと言える。価格も若干上昇しているが、機能の充実を考えれば、それも納得。確実に人気モデルとなりそうだ。

■関連サイト

アップル

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加