波瑠主演『愛しい嘘~優しい闇~』、ラストの衝撃展開に驚きの声続出「嘘でしょ」

波瑠主演『愛しい嘘~優しい闇~』、ラストの衝撃展開に驚きの声続出「嘘でしょ」

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/01/15
No image

ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』第1話より<画像をもっとみる>

女優の波瑠が主演を務め、俳優の林遣都が共演するドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の第1話が14日に放送。ラストの衝撃展開に「まじか…」「一話目からとは」と驚きの声が集まっている。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】中学の同級生6人 14年ぶりの再会後に早くも犠牲者が

愛本みずほの漫画『愛しい嘘 優しい闇』を実写化する本作は、同窓会が恋と悲劇の始まりとなる、先の読めない本格ラブサスペンス。ドラマ版ではオリジナルのストーリー展開も用意し、原作漫画とは一味違う衝撃の物語を紡ぐ。

地元・山梨から上京し、夢だった漫画家デビューを果たすが、なかなかうまくいかずに苦い毎日を送っている今井望緒(波瑠)。ある日、14年前に卒業した中学校の同窓会が開かれることになり、望緒のもとに初恋の人で中学時代の女子の憧れの的・雨宮秀一(林遣都)から受付担当の依頼が舞い込んだ。

望緒は同窓会で、仲の良かったメンバー5人と再会。タイムカプセルを掘り起こすと、望緒は「みんな忘れないよ 中野幸」と書かれた紙を見つける。先に帰った雨宮と望緒以外の本田玲子(本仮屋ユイカ)、深沢稜(溝端淳平)、岩崎奈々江(新川優愛)、野瀬優美(黒川智花)は、それを見てさっと表情を変える。

望緒は雨宮から「同窓会のお礼をしたい」と呼び出され、食事をすることに。雨宮と会った後に帰宅すると、望緒の部屋が何者かに荒らされていた。弁護士の玲子の協力により、犯人は奈々江だったことが判明する。

奈々江は東京で好きなことをしている望緒を妬んでいた。玲子が「奈々江がしたのは犯罪」だと警察に突き出そうとすると、奈々江は「それを言うならあんただってそうでしょ」「私は、私たちがしたことを忘れない」と意味深な言葉を放つ。

後日、3人で集まっていた望緒、雨宮、玲子。望緒は玲子に奈々江が言っていたことはなんだったのかと尋ねるが、玲子はそれをはぐらかす。そんな中、玲子の元に「奈々江が死んだ」という報せが入るのだった。

第1話から奈々江が死亡するという衝撃展開に視聴者からは「うわぁぁぁぁ」「まじか…」「嘘でしょ、、」「一話目からとは」「1話から色々すごい」など驚きの声が続出。また、「犯人誰だ」「みんな怪しい」「続きがとっても気になる」など次回の展開に期待する声も集まった。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加