中日終盤継投で2失点も逃げ切り「野手に感謝です」又吉は交流戦7セーブ目

中日終盤継投で2失点も逃げ切り「野手に感謝です」又吉は交流戦7セーブ目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

西武対中日 力投する中日又吉(撮影・鈴木正人)

<日本生命セ・パ交流戦:西武5-6中日>◇11日◇メットライフドーム

中日救援4投手は終盤2イニングで2点を失いながら逃げ切った。

8回はこの日国内FA権を取得した祖父江が登板。1死一塁として福にスイッチ。2死一、二塁から呉念庭に右前打で1点を返された。4番手谷元が続く山川に左前打を浴びた。

9回は交流戦で代役守護神を務める又吉が2死一塁で代打中村に右前打を許したが、右翼高松-一塁滝野の中継プレーで一走の本塁突入を阻止した。交流戦7セーブ目の又吉は「3つアウトを取ってくれた野手に感謝です」と胸をなで下ろした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加