組織委・橋本会長 小山田問題「重い責任感じる」、NHK起用に11年にも問い合わせ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/23

ミュージシャンの小山田圭吾(52)が、学生時代の同級生らへのいじめが問題となって東京五輪開会式での楽曲制作担当を辞任した問題で、大会組織委員会の橋本聖子会長が21日、コメントを発表した。五輪憲章を引用して「多くの方々の尊厳を傷つけ、失望させたことに対し、重い責任を感じております」などとした。

騒動の余波は止まらない。NHKはこの日、小山田が音楽を担当するEテレ「デザインあ」について、放送を開始した2011年当時に視聴者から起用への問い合わせがあったことを明かした。また静岡市は、小山田が編曲した市のPRソング「まるちゃんの静岡音頭」の動画配信の停止を発表。参加するバンド「METAFIVE」が26日に横浜で予定していたライブも中止。理由は「新型コロナウイルス感染拡大の影響」と説明している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加