「ばっちばちに戦いたい」と臨んだ五輪の初戦で大仕事。岩渕真奈の劇的同点弾に喝采!「ハンパないって」

「ばっちばちに戦いたい」と臨んだ五輪の初戦で大仕事。岩渕真奈の劇的同点弾に喝采!「ハンパないって」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/07/22
No image

勝点1をもたらす同点弾を決めた岩渕。「ゴールしたのは自分ですけど、チーム全員の気持ちが乗ったゴール」と振り返った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

これぞ「10番」の仕事っぷりだ。

東京五輪の女子サッカー、グループステージ初戦でなでしこジャパンはカナダと対戦。開始6分に先制を許し、後半に得たPKのチャンスは失敗。苦しい状況を強いられていたが、84分、試合を振り出しに戻す。

自陣右サイドからの長谷川唯のロングフィードに抜け出したのは、エースナンバーを背負う岩渕真奈。走りながらオフサイドフラッグが上がっていないことを確認すると、後方からのボールに上手く合わせて、狙いすましたシュートを流し込んだ。

価値ある同点弾にSNS上では称賛の声が集まった。

「マナドーナ降臨した」
「めちゃくちゃ絶妙なシュート」
「カッコいいし、かわいい!」
「流石日本の10番」
「大事な時に決めてくれるのが10番」
「しびれました!」
「よく飛び出した!!」
「ハンパないって」
「パスも抜け出しも良かった!」
「この一点はでかすぎる」
試合前に更新されたインスタグラムでは「夢の舞台で大好きなサッカーができる事に感謝して、楽しみながらばっちばちに戦いたいと思います」と気合いを入れていた岩渕。白熱の90分間を終えると、フラッシュインタビューでは「なんとか勝点1に繋がるゴールを取れて良かった」と安堵した。

カナダとの初戦は1-1のドロー決着。なでしこジャパンは勝ち切れなかったが、貴重な勝点1を手にした。次戦は24日。初戦でチリに2-0と完勝したイギリスと対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】「Radio-Canada Sports」公式ツイッターが公開、岩渕真奈の「チーム全員の気持ちが乗ったゴール」

【なでしこジャパンPHOTO】東京オリンピックに挑む、選ばれし22選手を紹介!

【五輪代表PHOTO】日本女子史上初の5試合連続ゴール!なでしこを救った新No.10岩渕真奈!

【五輪代表PHOTO】日本女子1-1カナダ女子|窮地を救ったのは岩渕!起死回生の同点弾でカナダとドロー発進!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加