復縁したいけど自分勝手だよね...彼氏に冷めて「振ったけど後悔したとき」の対処法は?

復縁したいけど自分勝手だよね...彼氏に冷めて「振ったけど後悔したとき」の対処法は?

  • ハウコレ
  • 更新日:2021/02/22
No image

付き合い始めた頃は、あんなに大好きだった彼氏のことが、冷めてしまい振ってしまったという女性もいらっしゃるかと思います。

恋愛をする以上は、ちょっとした出来事で冷めたからといって、彼氏に別れたいからと振ってしまうこともありますが、後になって後悔する場合もあります。

あの時どうして冷めてしまったのかな、あの人を振らなきゃ良かったと後悔して、辛い気持ちになるかもしれません。

そこでこの記事では、彼氏に冷めて振ったけど後悔した時の対処法についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。

謝罪をする

彼氏に冷めて振ったけど後悔した時に復縁をしたいと思っている女性は、まずは誠心誠意謝罪をすることが大切です。

何かしらの原因でケンカになってしまい、一時的に感情的になり「冷めたから別れよ」と彼氏を振ったのでしたら、しっかり謝罪をしなければ、相手は受け入れてくれません。

「〇〇を振って大切な存在だと気がついた、ごめんなさい」、「感情的になった私が馬鹿だった」と伝えましょう。

きっと男性もあなたの誠心誠意の謝罪が伝わるはずですから、許してくれて復縁をするかもしれません。

友達からやり直す

自分から一方的に冷めて振ったにも関わらず、後悔して復縁を求めても、彼氏は納得しませんし、イライラさせるだけです。

許してもらって復縁するのは簡単なことではありませんが、「もう一度友達からやり直したい」と伝えてみましょう。

たいていの男性は「せめて友達にはなっても良い」と考えていますから、また時間をかけて信頼関係を築ければ、復縁するチャンスもあります。

背負って生きる

大好きだった彼女から、「冷めたから別れて」と振られてしまった男性は、深く傷ついていますから、後悔して対処したい場合は背負って生きることです。

「ひどい振り方をして彼氏を傷つけた」、「恋愛恐怖症になったら私のせいだ」と、背負って生きることで、他人に対する接し方も優しくなります。

この経験が次の恋愛として役立ちますから、新しい彼氏ができたとしても、しっかりと愛情を注げますし、ひどい振り方もしなくなります。

気持を素直に伝える

長く付き合ってくるとマンネリ化してしまい、彼氏に対して冷めてしまい、「つまらないから別れよ」と振った場合は、自分の気持を素直に伝えましょう。

自分の気持を曖昧にしたままですと、ずっと後悔することになりますから、彼氏に素直な気持を伝えれば、復縁できるチャンスもあります。

あなたから気持を素直に言うことで、きっと彼氏も素直になり、気持を教えてくれますから、仲直りするキッカケになります。

まとめ

自分勝手な感情で別れを告げたり、一時の迷いで他の男性を好きになり、冷めたから振ってしまうと、ずっと後悔したままです。

後悔したくない、復縁をしたいと思うのでしたら、自分が馬鹿だったと素直な気持ちになり、誠心誠意の謝罪をしましょう。

(ハウコレ編集部)

ハウコレ編集部.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加