1342万円のWIN5を的中した予想家が語る今週へのヒント 「あくまでも単勝の延長線上にある券種」

1342万円のWIN5を的中した予想家が語る今週へのヒント 「あくまでも単勝の延長線上にある券種」

  • netkeiba.com
  • 更新日:2022/09/23
No image

1342万9370円のWIN5を的中

9月18日(日)に1342万9370円のWIN5を6000円の投資で的中させた予想家の前田一太です。この記事では的中のダイジェスト、そして今週のWIN5へのヒントを書いていきます。

■的中のダイジェスト

WIN5という券種は、あくまでも単勝の延長線上にある券種。ですからWIN5を購入する際には、「対象レースの中に単勝を狙いたい馬が1頭以上は存在する事」が大前提になると考えています。逆にそういう馬が存在しない日は、そもそも購入する必要のない券種だとも考えています。

例えば18日の対象レースの中には、私的に1着の馬券(=1頭固定)を狙いたいレースが3つありました。

・中山9R エリモグリッター 単勝10.0倍
・中京10R ママコチャ 単勝1.3倍
・中京11R アートハウス 単勝2.7倍

そしてその上で、残りの2レースを確認してみると、

・中山10R ハンデ戦
・中山11R 不良馬場(水が浮くほどの特殊馬場)

で、どちらも波乱を期待して良さそうな条件のレースでした。

これならば、各レースでバラバラに単勝を狙うよりも、中山10Rと中山11Rを手広く抑えたWIN5を購入する方が配当を期待出来ると考え、購入へと至ったわけです。

結果的に60通り(投資金6000円)の買い目で1342万9370円を的中させ、投資金の約2238倍の配当になりましたから、判断がうまくハマってくれた事になります。

今回の的中ケースを一般的な券種の買い目で例えるならば、「単勝を狙いたい馬がいる場合に、紐荒れに期待した感覚」に近いのかも知れません。

■今週のWIN5へのヒント

(1頭固定を狙いたい馬)
オールカマー:ヴェルトライゼンデ

中7週以上では(2-4-0-0/6)で安定しており、その全てがリステッド・重賞でのもの。以前はやや勝ち切れない所が見られた馬だが、前走では坂路で出す時計が明らかに変化しており、結果も半馬身差の勝利。調教と結果をリンクさせて考えれば、勝ち切れないキャラから脱皮し、覚醒を感じさせる一戦だった。中15週で迎える今回も前走に類似した坂路での時計を出しているだけに、過去のキャラには囚われず、ここは連勝を期待できそう。この馬を1頭固定する事から、WIN5購入を検討したいです。

前田一太プロフィール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加