本多灯、瀬戸大也に勝って連覇で内定 200バタ

本多灯、瀬戸大也に勝って連覇で内定 200バタ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

男子200メートルバタフライで優勝し2位の瀬戸(左)、3位の森本(右)と記念写真に納まる本多(撮影・菅敏)

<競泳:日本選手権兼東京五輪代表選考会>◇6日◇東京アクアティクスセンター◇男子200メートルバタフライ決勝

本多灯(19=アリーナつきみ野SC)が男子200メートルバタフライを自己ベストとなる1分54秒88で2連覇し、東京五輪に内定した。持ち味の「ラスト50メートル」が光った。残り15メートルで、先頭を泳ぐ瀬戸を捉えて逆転。結果を確認すると、左拳を大きく突き上げた。

「代表を取れて、ほっとしているし、うれしい」。3日の400メートル個人メドレー決勝は3位。一発勝負で五輪の切符がかかる独特の空気の中で、緊張していた部分があった。「1回体験して慣れた」。心を落ち着かせ、思い描いていたパターンで上位5人が派遣標準記録(1分56秒25)を上回ったレースを勝ちきった。

活動停止になった瀬戸に代わり、昨秋は競泳国際リーグ(ISL)に初参戦。海外の強豪と戦い、力を伸ばした。「53秒台を狙っていた。五輪を考えると浮かれている場合ではない。(五輪は)スポーツマンにとって夢舞台。日本中、世界中をあっと驚かせたい」。そう初めてとなる五輪で、メダルを見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加