お三の宮日枝神社 3年ぶりのにぎわい 例大祭でちょうちん・縁日〈横浜市南区〉

お三の宮日枝神社 3年ぶりのにぎわい 例大祭でちょうちん・縁日〈横浜市南区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/09/23

お三の宮日枝神社=山王町=で9月16日から18日まで例大祭が開かれた。17、18日は境内に3年ぶりとなる屋台が並び、にぎわいを見せた。

本来なら今年は「本祭り」にあたる年で、各町内会のみこしが連なって練り歩く「連合渡御」があるはずだったが、感染症拡大防止のために取り止めとなった。それでも神社前には約500灯のちょうちんが並び、境内で踊りやカラオケなどの演芸会もあった。

同神社の角井瑞宮司は「久々のちょうちんや縁日でにぎわいを取り戻せたのは良かった。来年は神社創建350周年なので、コロナ禍前以上に盛り上がれるよう、一日も早い感染症の収束を願いたい」と話した。

高さ約4mの大みこしは、神社創建350周年に合わせて傷みが見られる場所を復元修繕中。そのほかにも記念事業を進めており、同神社は広く奉賛を募っている。

No image

神社前に飾られたちょうちん

No image

縁日でにぎわう境内

タウンニュース南区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加