フッキとFCポルトは相思相愛? 古巣への移籍に前向きだが...年俸がネックになる可能性も

フッキとFCポルトは相思相愛? 古巣への移籍に前向きだが...年俸がネックになる可能性も

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/20
No image

【写真:Getty Images】

中国1部の上海上港に所属する34歳の元ブラジル代表FWフッキが、中島翔哉も在籍するポルトガル1部のFCポルトへの移籍を望んでいるようだ。しかし、現クラブとの賃金格差が障害になる可能性があると、19日にポルトガルメディア『メイスフットボール』が報じている。

上海上港との契約は2020年12月31日に終了する予定となっているが、フッキは契約を延長せずに退団する見通しだ。同メディアによると、古巣のポルトがフッキの獲得を望んでいるという。フッキもポルトへの移籍に前向きで相思相愛の状況だという。

だが、上海上港で年俸2000万ユーロ(約24億7000万円)を稼いでいるのに対し、ポルトが出せる上限は200万ユーロ(約2億5000万円)ほど。現時点でフッキが稼いでいる金額の10%となっている。必然的に賃金水準を下げることになるが、果たしてフッキは2008年から2012年までプレーしたポルトへ再び戻ってくるのだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加