松坂桃李、過酷な減量で激ヤセ報道も...ずっと触っていた多部未華子「ゾッとするくらい」

松坂桃李、過酷な減量で激ヤセ報道も...ずっと触っていた多部未華子「ゾッとするくらい」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/05/13
No image

映画『流浪の月』(5月13日公開)の公開初日舞台挨拶が13日に都内で行われ、広瀬すず、松坂桃李、横浜流星、多部未華子、内田也哉子、李相日監督、増田光桜が登場した。

多部未華子、松坂桃李とのスキンシップ「もっとしたかった」意味深発言に2人で照れ

同作は凪良ゆうによる、本屋大賞受賞のベストセラー小説の映画化作。雨の夕方の公園で、びしょ濡れの9歳の家内更紗(広瀬)に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文(松坂)。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2カ月を過ごすことになるが、やがて文が更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後、「傷物にされた被害女児」とその「加害者」という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。

役作りで減量した松坂は「激ヤセ」とニュースにもなってしまったという。「情報解禁前だったので言うに言えない。『激ヤセで何かあったのか!?』と言われてましたけど、そのうちわかるだろうなという感覚でいました」と状況を説明する。

松坂と恋人役だった多部は「短いシーンの中でどれだけキャラクターが出るかなとすごく悩みながら現場にいたことを覚えていて。監督から『桃李くんを触ってよ』と言われて、撮影の空き時間、セッティング中にずっと触らせていただいて」と告白。

この表現には、松坂も「すごいですね。『触らせていただいて』って」と照れ笑い。一方で多部は松坂について「本当に体重を減らしていたので、ウエストがゾッとするくらい細くて、いろんな思いでここに立ってるんだなというのも触りながら感じて。自分は本当に邪魔しちゃいけないというか、頑張らないといけないというか、そういう気持ちに思わせてくれるお人柄と体型でした」と讃えた。

李監督は、撮影中もずっと減量していた松坂について「最後のシーンが終わってから洋食屋さんに行って『なんでも食べて』ということで最初に注文したのが雑炊」と紹介する。「『胃に優しいものありますか』と言ったら、(店員が)『雑炊か何かを……』と。ずっと手が止まらなくて」と苦笑する松坂に、李監督は「あんなに雑炊をおいしそうに食べるところ初めて見ました」と振り返っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加