護衛艦まつゆきが35年の任務完遂 日航機墜落で尾翼発見

護衛艦まつゆきが35年の任務完遂 日航機墜落で尾翼発見

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/04/08

京都・舞鶴を母港とする海上自衛隊の護衛艦「まつゆき」が任務を終え、7日、除籍された。海自北吸岸壁(舞鶴市北吸)で同日、自衛艦旗返納行事が行われ、昭和、平成、令和の3時代35年間にわたって海上防衛を担ってきた「まつゆき」は役目を終えた。
 「まつゆき」は全長130メートル、幅13・6メートル、基準排水量3050トン、乗組員は約200人。昭和61年3月に「はつゆき」型9番艦として就役した。同年に広島県

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加