盲導犬×泉屋クッキー、5万缶突破を記念して購入者にマグネットをプレゼント...9月30日まで

盲導犬×泉屋クッキー、5万缶突破を記念して購入者にマグネットをプレゼント...9月30日まで

  • REANIMAL
  • 更新日:2021/09/15
No image

歴代の泉屋クッキー缶をデザインしたマグネット

もっと画像を見る
盲導犬使用者(ユーザー)と盲導犬の支援活動およびチャリティーグッズを企画・販売する盲導犬総合支援センターは、大人気チャリティーグッズ「泉屋クッキー缶」の累計販売数5万缶突破を記念し、9月1日から30日まで、プレゼントキャンペーンを開催している。

同キャンペーンでは、多くの人に盲導犬応援の輪が広がっていることに感謝を込め、キャンペーン期間中に盲導犬サポートSHOPで買い物をした人全員に、歴代の泉屋クッキー缶をデザインしたマグネットをランダムに1個プレゼント。さらに、注文金額3000円(税込)ごとに、異なるマグネットを1個プレゼントする。

「泉屋クッキー缶」は、泉屋東京店とのコラボレーションにより誕生した。クッキーなどの自社製品を通じた社会貢献を実践してきた泉屋東京店と、誰にでも喜ばれるギフト向けチャリティーグッズを作りたいと考えていた盲導犬総合支援センターの思いが一致したことでコラボレーションが実現した。盲導犬ユーザーへの声の掛け方がわかる「声かけパンフ」も同梱している。

4年前の初登場以来、お年賀やお中元などお世話になった人への贈り物として、多くの人に選ばれてきたという。このクッキー缶を選んだ人からは、「盲導犬のチャリティーにもなるので贈った私もうれしい」「犬好きの知人への贈り物として大変喜ばれた」「缶が欲しくて自分用にも買ってしまいました」などの声があったという。チャリティーを特別なものとして捉えず、日々の暮らしの中で楽しみながら盲導犬を応援する人が増えているようだ。

泉屋クッキー缶を受け取った人が、盲導犬への温かい応援の気持ちも受け取ることで、さらに応援の輪が広がっている。

歴代5作はどれも、初めて手に取った人が一目見て盲導犬であることがわかるよう、メインの盲導犬は大きく、そしてハーネスもわかりやすいデザインで統一されている。そこから、「盲導犬のデザインなんだね」「実はチャリティーグッズなんですよ」という会話が生まれ、盲導犬への関心が広がってほしいと考えているという。

盲導犬総合支援センターは、チャリティーグッズの企画と販売を通じて「楽しみながら盲導犬の応援ができるチャリティーのかたち」を1人でも多くの人に理解してもらえるよう活動を推し進めていくとのこと。そして盲導犬応援の輪がより多くの人へ広がるよう、ギフトとして選ばれるチャリティーグッズの開発を目指しているとしている。

鈴木まゆこ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加