Ubisoftがアンチチートシステム「FairFight」の開発会社GameBlocksを買収

Ubisoftがアンチチートシステム「FairFight」の開発会社GameBlocksを買収

  • Game Spark
  • 更新日:2021/04/07
No image

Ubisoftがアンチチートシステム「FairFight」の開発会社GameBlocksを買収

もっと画像を見る

We're proud to announce that we have acquired @gameblocks , the leading middleware developer of server-side software for game studios. We'll be integrating the FairFight® game integrity system and statistics into our ONE Game Hosting Platform

More here: https://t.co/61aTGnwyjH
— i3D.net - A Ubisoft Company (@i3D_net)
April 2, 2021
from Twitter

Ubisoftがアンチチートシステム「FairFight」の開発会社GameBlocksを買収していたことが明らかとなりました。金額や条件などの詳細は伝えられていないものの、買収は2021年3月31日に完了しています。

GameBlocksは2012年に設立されたゲームスタジオ向けのアンチチート、ゲームプレイ管理、パフォーマンス監視ソフトウェアを専門とする会社で、同社が手がけるサーバーサイドのアンチチートエンジン「FairFight」はUbisoftの『レインボーシックス シージ』やEAの『バトルフィールド』『タイタンフォール』シリーズなどにも採用されました。

Ubisoftの子会社i3D.netの発表によれば、「FairFight」とプレイヤーの統計情報はi3D.netの持つ「ONE Game Hosting Platform」に統合される予定で、これにより大小のゲームパブリッシャーがゲームホスティング、アンチチートその他サービスを完全にシームレスに運営・拡張できるようになるとしています。また「FairFight」の既存の顧客のサポートも継続し、機能を強化していくとのことです。

RIKUSYO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加