猫にとって至高の『撫で方』3選 部位別にコツを紹介!

猫にとって至高の『撫で方』3選 部位別にコツを紹介!

  • ねこちゃんホンポ
  • 更新日:2022/09/24

猫の撫で方にはコツがある!

No image

猫は撫でてもらえれば、どのような撫で方でも嬉しいというほど単純ではありません。体の中でもこの部分を撫でてほしい、こんな風に撫でられると気持ちいいなどの猫ならではの好みがあるのです。

猫が好む撫で方には個体差がありますが、一般的に多くの猫に喜んでもらえる撫で方のコツを部位ごとにご紹介します。猫にとっての至高の撫で方をマスターして、愛猫とのスキンシップをもっと楽しみましょう!

猫に喜ばれる至高の撫で方

No image

1.顔周りは優しく筋肉をほぐすイメージ

顔周りを撫でられることを好む猫は多いです。頬・顎・額・耳というパーツごとに、撫で方のコツを解説します。

頬はヒゲの付け根から生えている方向に沿って、指の腹で優しく撫でましょう。顎は口の下から喉に向かって、指先でそっと撫でます。毛並みに沿って撫でたほうが猫に喜ばれるので、毛流れを意識して触るようにしてください。顎の下をカリカリと引っ掻くように撫でられるのが好きな猫もいます。

額は眉間から頭頂部に向かって、指の腹を使って撫でましょう。額で円を描くように撫でられるのが気持ちいいという猫もいるので、ぜひ試してみてください。耳は片手ですっぽりと覆うようにして、耳の付け根を指先でほぐすのが気持ちいいようです。ぎゅっと耳を掴んでしまわないように、力加減には注意しましょう。

顔周りの筋肉は全体的に疲れやすいので、筋肉をほぐすようなイメージでゆっくり優しく撫でるのがポイントです。愛猫の表情を見ながら、どのような撫で方が特に好みかを確認していきましょう。

2.背中は毛流れを意識

スキンシップに不慣れな猫にも触らせてもらいやすい部位が背中です。まだそれほど猫と仲良くなれていない場合は、背中を上手に撫でて喜んでもらうことで絆を深めましょう。

背中を撫でる時に重要なのは、毛流れを意識することです。綺麗好きな猫は毛繕いをしていつも毛並みを美しく整えているので、毛並みを乱すような撫で方をすると怒られてしまうかもしれません。決して毛並みに逆らわないように注意して、頭からしっぽに向かって手のひら全体で優しく撫でましょう。

3.腰をポンポン軽く叩く

猫にとっての腰とは、しっぽの付け根の部分です。このあたりをポンポンと軽く叩かれるのが気持ちよくて好きだという猫も多いので、ぜひ試してみてください。もちろん痛いと感じるような強さで叩くのはNGです。指先で軽く叩いてみて、猫が喜んでいるかどうか反応を見ましょう。

腰をポンポンした時に猫がお尻を高く上げる場合は「もっとして!」というアピールです。お尻が下がると「もうやめていいよ」というサインなので、猫が満足するまでスキンシップを続けてあげてください。

まとめ

No image

猫とのスキンシップは猫が撫でられて嬉しい部位を、気持ちいいと感じられる方法で撫でることが大切です。飼い主さんはたっぷり愛情を込めて撫でているつもりでも、残念ながら愛猫には「それ、あまり嬉しくないんだよな…」と思われている可能性もあります。猫に喜ばれる至高の撫で方をマスターして、ぜひ愛猫を満足させてあげてくださいね。

もちろん猫によって至高の撫で方には多少の違いがあるので、撫でながら愛猫のリアクションをしっかり観察しましょう。どうしたら喜んでもらえるのか、どうしたら嫌がられてしまうのかがわかってくると、自然とスキンシップが上手になってくるはずです。飼い主さんが撫で方のコツを掴んで、愛猫にスキンシップを大好きになってもらえるとよいですね♪

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

猫がゴロゴロと喉を鳴らす理由や人間にもたらす効果

*********************

■ねこちゃんホンポ

ねこちゃんホンポは、愛猫との生活をより豊かにするために作られた情報サイトです。「猫」に関わる幅広いテーマを展開しており、初心者の飼い主さんからベテランのキャットオーナーさまにも役立つような情報を発信しています。

<ライター情報>
森下 咲

森下 咲

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加